手水の「やり方・手順」を解説!作法を復習し綺麗に参拝しよう!



記事内容
手水(ちょうず)のやり方・作法について
記事を読むとどうなる?
神社での正しい参拝方法がわかる!
初詣のとき、思わず忘れちゃう「正しい手水」のやり方…

変なやり方でやってたらどうしよう…?となる前に、正しい作法を復習しましょう💡

正式な《手水のやり方》

さっそくですが、手水のやり方について見ていきましょう!

手水の正しい手順
  1. 右手で柄杓(ひしゃく)を持つ
  2. 清水を汲み、左手を洗い清める
  3. 柄杓を左手に持ち替え、右手を清める
  4. 再び柄杓を右手に持ち、左手に水を受ける(※柄杓を口に付けてはいけません!)
  5. 受けた水で口をすすぐ
  6. もう一度、左手を清める

このような手順になります!

  • 4.左手に水を受けて口をすすぐ
  • 6.最後にもう一度左手を洗う

ここが、意外と忘れやすいところ…!

もっと簡単に絵で表現すると、

口をすすいで…
また

このようなイメージになります

手水は、この4つの手順を踏むことを覚えておいてください!

手水を使う意味

みんなやってるから…」でもいいですが、手水を使う意味を知っておくほうが、神様と気持ちよくご対面できることでしょう!

手水を使う《正確な意味》

手水の正確な意味は、「神様と対面する前に、身を清めること」です!

手水を使う意味は、はるか「古事記」の記述にまでさかのぼります…

伊佐奈岐宮(いざなきのみこと)が死者の国である黄泉の国から帰って来られたときに、身に着けているものをすべて脱ぎ、水に浸かって禊祓(みそぎはらえ)をした

引用:《神社のいろは「神社検定公式テキスト1」》3級・2級用

これが、「禊(みそぎ)」の起源とされています

この「禊」を簡略化したものが、神社でいつも私たちが行う「手水」なんです

本来の禊は、川や海に浸かって《全身を清める》こと!

今でも、各地の神事にその名残りがありますね

《手水の正しいやり方について》まとめ!

手水の手順をおさらい!
  1. まずは「左手」を清める
  2. 次に「右手」を清める
  3. 柄杓を右手に持ち替え、左手に水を受けて「口」をすすぐ
  4. もう一度「左手」を清める
  • 「身を清める」という気持ち
  • 後の人への気遣いも忘れずに!
神様にも、参拝している他の方にも、思いやりを持って手水を使いましょう!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA