富士サファリパークの「穴場な楽しみ方」4つ紹介!

記事内容
富士サファリパークの「穴場」な楽しみ方について
記事を読むとどうなる?
もう1回サファリパークに行きたくなる!
ただ行くだけじゃ、もったいない!

ちょっと工夫を凝らした「富士サファリパークの楽しみ方」についてのお話✨

1.サファリゾーン入口で《ジュラシック・パークのテーマソング》を流す!

サファリパークに着いたら、まずたどり着くのが「サファリゾーン」だと思う

自家用車に乗ったまま、野生に近い動物を見られるアレ!

「サファリゾーン入口」に差し掛かったら、とりあえず「ジュラシック・パーク」のテーマソングを流してみてほしい!

この「チケット売り場」からでも雰囲気出ます

富士サファリパーク

なんかもう、

今から猛獣のテリトリーに放り出される、ちっぽけな人間

感が凄くて、ドキドキを通り越して「死」さえ覚悟しちゃう雰囲気になる…

と同時に、これから起こるワクワク感も、300%増し!

テーマソング

猛獣ゾーンから始まるあたり、BGMが完全にハマってます

サファリソーンの道中、

  • 絶対に外に出ないでください
  • 窓を開けないでください
  • 必ずドアをロックしてください

って注意書きを何度も見る「おかげ」なのか「せい」なのか、ジュラパの雰囲気と合う合う…!

「最悪死ぬ」って状況に、わたしたちはこのゲートをくぐった瞬間放り出されるわけ

そこに、ジュラパのテーマソングを流すと…

これが、

富士サファリパーク

こうなる

富士サファリパーク

「危機感」と「興奮」が何倍にも膨らんじゃう!

サファリパークは、《日本一ジュラパのテーマソングが似合う場所》

だと思う

ただし「草食動物ゾーン」からは一転、嘘のように似合わなくなる…

ジュラシック・パークが好きな人、騙されたと思ってBGM流してみてください

騙されたと思ったら、ごめんなさい

2.「ウォーキングサファリ」をメインに楽しむ!

ウォーキングサファリ」とは、自家用車で進む道とは別に、徒歩専用コースから「サファリゾーン」を楽しめるスポットのこと!

概要
富士サファリパーク
  • 所要時間「約2時間」←けっこうボリューミー
  • コース全長「約2.5km」←もはや有酸素運動レベル
  • 料金「500円」←《普段見られない角度》から《野生に近い動物》が見られるのって、実はめっちゃお得!

受付がものすごく辺ぴなとこにある上に、時間もかかるし距離も長いしで、「ウォーキングサファリ」の人気はいまいち…

でも、体験したらめっちゃ楽しい!

なんなら、車で見るより楽しい!!

そんな穴場的な楽しみ方ができちゃうのが、「ウォーキングサファリ」!!!

入場は「13時30分」がおすすめ!

受付でお話した親切なおじさんいわく、

13時30分ごろ来ると良いよ!

とのこと

エサあげ自体は、実はほぼどの時間でもできるんです

ただ、

  • お腹が空くのがちょうどそれぐらい
  • 唯一「トラ」だけ時間が指定されてる

からか、入場するなら「13時30分」頃がちょうどいいらしい

こんな近くでエサやりできちゃう!

富士サファリパーク

「森林浴」もできちゃう!

実は、こんなのどかなコースを進んでいく…

富士サファリパーク

マイナスイオンを取り入れたい方、いかがでしょう

自分のペースで楽しめちゃう!

サファリゾーンを車で進もうとすると、

  • ジャングルバスは、運転手さんのペースで進んじゃう
  • 自家用車も、混雑時は周りの人に気を遣っちゃう

平日じゃない限り、ほぼ自分のペースでは進めません…

し・か・し・!

ウォーキングサファリなら、

  • 自分のペースで!
  • 見たい動物を間近に!

観察できちゃうところが、激烈推しポイント

柵に囲われた園内の動物さんより、《イキイキした感じ》が伝わってくる…!

ウォーキングサファリは話で聞く以上に楽しいスポット!

女性もスニーカーを準備して、散策してみて!

3.究極的な癒しスポット「犬の館」に居座る!

放し飼いにされたワンちゃんたちと触れ合い戯れまくれちゃう、サファリパーク屈指の名スポット

他に、

  • ネコちゃん
  • うさちゃん

の館もあり!

殺伐とした現代社会から少しでも解放されたいアナタ、超おすすめ!!

平日なら、たぶんめっちゃ居座れる

混雑時は、制限時間が「30分」と指定されてて、思ったより長く居座ることはできません…

でも、例えば「平日昼間」なんかに行ったときには…

平日昼間に行くとこうなる
  • お客さんもまばら
  • まばらゆえに、暇を持て余したワンちゃんが増える
  • 暇なワンちゃんが「かまってちゃん状態」になる
  • ベンチに座れば、かまってちゃんなワンちゃんが一瞬で膝の上に乗ってくる

もう、犬好きにはたまらなさすぎる、贅沢な萌え☆キュン時間を堪能できちゃうんです…

媚びた視線で見つめてくるワンちゃん

富士サファリパーク

抱きかかえられてご満悦なワンちゃん

富士サファリパーク

手を差し出すとペロペロ舐めてくれるワンちゃん

富士サファリパーク

《いい大人が全員キュン死にしてる光景》を目撃することになります

そしてアナタも、確実にその1人になります

わたしもなりました

退出時間はちゃんとスタッフさんに確認しよう

お客さんが少ないときは、30分で強制退出にはならないっぽい

わたしが平日のお昼に行ったときは、入場時間をド忘れしちゃって、

いつ帰ればいいんだっけ…?

って心配になったけど、スタッフさんに注意されることはありませんでした

※もし退出しなきゃいけなかったとしたら、とても申し訳ないことをしました…

  • (混雑時は)30分までなのか?
  • 空いていても30分なのか?

事前に確認したほうが安心ですね

確認し次第、ここも更新します

4.《派手にリアクションしてくれる動物》にエサをあげる!

いろんなところに置かれている、1回100円であげられる「動物のエサ

闇雲にあげるよりも、せっかくなら「あげ甲斐」のある動物さんと戯れたいところ…

わたしの推しは、「カンガルー」さん

実際の写真がこちら

「エサくれ」「エサくれ」

富士サファリパーク

「よし、撫でさせてやる」

富士サファリパーク

「かわえぇやろ」

富士サファリパーク

とまぁこんな感じに、めっちゃ寄ってくる

エサに夢中な間は、ナデナデし放題

撫で心地は、意外とふわふわ・フサフサ

無我夢中で何匹も寄ってくるカンガルーさん、可愛いかよ!

めっちゃ毛が付くから、汚れてもいい服装でオナシャス!

ただしきゃつらは「エサ100%」

エサがなくなったら、きゃつらはすぐに退散する

良く言えば《本能に忠実》悪く言えば《薄情》

でも、そこがまた「可愛いかよ」なんですよね~

……

………

ん~~~

富士サファリパーク

わし(白カンガルー)は無視か?

富士サファリパーク

別の場所にいる「白カンガルー」さんもよろしく!

「富士サファリパークの楽しみ方」まとめ

「楽しいポイント」おさらい!
  1. サファリゾーン入口で《ジュラシック・パーク》を流そう!
  2. 「ウォーキングサファリ」のためにサファリパークへ行こう!
  3. 犬の館」で日々の喧騒から逃れよう!
  4. 派手なリアクションをしてくれる動物(カンガルー推し!)にエサをあげてみよう!

普通に楽しむのも、もちろんいい!

そこにちょっと工夫してみると、もっといい!

そんな《「+α」なサファリパークの楽しみ方のご紹介》でした!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA