五月病の治し方!自力でできる対策3つを精神科看護師が紹介!

「5月はじめ頃から、なんだか調子が悪い…」

「けど病院に行くまでもないし、なんとか自力で治したい…」

5月になると、原因もわからず、急に体調不良になってしまう、『五月病』。

あなたは今、五月病かもしれないその症状に、悩まされてはいませんか?

仕事での失敗や、新生活の大変さに、

  • 心が落ち込む
  • やる気が出ない
  • 食欲が落ちた
  • 眠れなくなった

といった症状が現れてはいませんか?

私も過去に、五月病発症をきっかけに、退職をしてまった経緯があります。

4月当初は非常にやる気に満ちていたのに、気がつくと、ズルズルと気分が落ち込んでいってしまったんですね。

最終的には、軽度のうつ病と診断されてしまいました。

五月病がきっかけで、そのままうつ病にまで発展してしまうこともあり得ます。

あなたには、決してこのような思いをして欲しくありません。

そこで、この記事では、五月病を自力で克服するための、五月病の治し方について、徹底的に解説をしています!

この記事には、

  • 五月病を自力で治す方法がわかる
  • 五月病を自力で治すことができる

そんな情報を、ギュッと詰め込みました。

五月病を自力で治す方法がわかれば、病院にかかることなく、五月病を克服することができますよ。

治し方には、私の五月病体験談も含んでいます。

できるだけリアルに、五月病の治し方を解説していきますので、ぜひご覧くださいね。

さっそく、五月病を自力で克服するための治し方を、ご紹介していきます!

五月病を治したい!自力で治すための3つの方法とは?

さっそく、五月病を自力で治すための、3つの方法を解説していきます。

3つの方法とは、

  • 食事内容を変える
  • 生活習慣を変える
  • 人間関係を変える

この3つ!

『食事内容』、『生活習慣』、『人間関係』の改善によって、あなたの五月病は、かなり楽になりますよ。

この中のすべてを実践しなければ効果が出ない、ということはありません。

まずはこの記事から、あなたができそうな治し方を見つけ、ひとつでも実践をしてみてくださいね。

五月病の治し方2.食事内容を変える!

食事内容を、心の調子を整える作用のあるものに変えてみましょう。

例えば、うつ病の発症にも影響するとされる、『セロトニン』。

このセロトニンは、精神の安定を促すとされる脳内物質です。

このセロトニンが不足することで、うつ病を発症してしまうと考えられています。

つまり、セロトニンの分泌を促してあげることで、五月病に特有の、気分の落ち込みややる気の消失を防ぐことができるんですね。

そして、セロトニンを分泌するには、食事を意識することがとっても大切!

あなたは、普段の食事を意識していますか?

健康的な食生活を心掛けていますか?

食事は、人間の体を形成する、非常に大切な要素のひとつ。

その要素をおろそかにしないためにも、食事には気を使い、まずは体の内側から、五月病を治していくようにしてくださいね。

五月病の治し方2.生活習慣を変える!

生活習慣を見直すことも、五月病を自力で治すために必要なことです。

あなたは、規則的な生活習慣を心掛けていますか?

GW(ゴールデンウィーク)に入ったからといって、寝だめや夜更かしをしてはいませんか?

そのような乱れた生活習慣は、五月病を発症させやすくしてしまうため、絶対にNG!

今すぐに、規則正しい生活習慣に変えましょう。

規則正しい生活習慣とは、例えば、

  • 毎日同じ時間に起きる
  • 1日3食しっかりと食べる
  • 毎日同じ時間に寝る

といったもの。

生活習慣を規則正しくすることで、先ほどお話をした『セロトニン』が効果的に分泌されるようになり、気分の落ち込みなどを減らすことができます。

また、GW中に乱れがちな生活習慣を規則的にすることで、次の仕事への準備にもつながります。

五月病で典型的なパターンが、

  1. GWで不規則な生活習慣を送る
  2. GW明けのいきなりの仕事のリズムに、体がついていかなくなる
  3. そのままズルズルと、五月病が長引いてしまう

このようなパターン。

私は、見事にこのパターンに当てはまってしまい、どんどんうつ気味になっていってしまいました。

このパターンを回避し、五月病を自力で治すためにも、生活習慣を今すぐ規則的にすることは、必要不可欠!

ぜひ、あなたの今の生活習慣を見直し、健康的な生活を送ってみてくださいね。

五月病の治し方3.人間関係を変える!

五月病を自力で治すには、今のあなたの人間関係も、一度見直してみましょう。

就職などで仕事を始めたり、仕事のために引っ越しをすると、これまでの人間関係がガラッと変わりますよね。

人間は、そうした環境の変化に、とってもストレスを受けやすい生き物です。

環境の変化が多い4月・5月に、このようなストレスを抱えるため、この時期に五月病を発症する人が多くなってしまうんですね。

自分の住まいなどの環境は、そう簡単に変えることはできません。

しかし、人間関係は、今すぐに変えることができます。

例えば、今はSNSの時代ですよね。

誰とでも簡単につながりを持つことができる反面、あなたが見たくない情報も、つい見てしまう可能性があります。

そうしたストレスを、徹底的に避けていきましょう。

私は以前、人並みにTwitterをやっていた経験があります。

しかしTwitterは、見たくない情報もたくさん流れてきます。

どうしても、そういった情報を、つい見てしまうんですね。

それが、私にとっては、耐えがたいストレスでした。

そのうち、

「さすがに我慢できない!」

と、思い切ってTwitterを辞めました。

それは、今までの人間関係を断つことにもつながりましたが、むしろ心がスッキリしたんですね。

その理由は、ストレスの原因から解放されたから。

人間関係は、我慢して続けるものではありません。

あなたが、今の人間関係に満足していないのであれば、思い切って人間関係を変える勇気も必要です。

五月病の発症は、人間関係ととても深い関係にあります。

特にこの時期は、人間関係の変化が起こりやすい時期でもあります。

あなたの五月病の原因が人間関係にあるのなら、思い切ってつながりを変えてみるのも大切ですよ。

五月病を自力で治す前に、注意したいことがある?

五月病を自力で治す前に、注意して欲しいポイントが1つあります。

それは、『頑張りすぎない』こと。

あなたの今の心と体は、健康とは言えない状態のはず。

その状態で、

「五月病を自力で治すぞ!」

と、意気込んでしまったら、余計に体力や精神を消耗してしまうことになりかねません。

ここで大切なことは、体の声に耳を傾けることです。

例えば、

  • 疲労感があるのであれば、十分な休養をとる
  • 睡眠不足を感じるのであれば、夜更かしをせずに睡眠を優先させる
  • 頑張る気力がないのであれば、無理に頑張りすぎない

といった、今の五月病の症状に対処することを、まずは優先させてください。

五月病を自力で治そうと、あれこれ対策を取り入れる必要もありません。

まずは、今のあなたにできそうな対策を、ひとつずつ取り入れてみてください。

頑張りすぎず、自分の心と体をいたわってあげれば、五月病は自然に回復していくはずです。

無理をしないように、自分の健康に気を使いながら、GWを有意義に過ごしてくださいね。

『五月病の治し方!自力で落ち込みを改善する3つの方法とは?』まとめ

4つのまとめ
  1. セロトニンを分泌させるために、食事内容を変える。
  2. 規則正しい生活を送るために、生活習慣を変える。
  3. 余計なストレスを持ち込まないために、人間関係を変える。
  4. 五月病を自力で治すためには、あれこれと頑張りすぎないことが大切。

五月病を自力で治す方法について、私の経験も含めて、詳細に解説をしてきました。

五月病を自力で治す方法がわかったことで、これからあなたの五月病は、次第に軽快していくはずです。

ですから、今の症状を心配しすぎず、ひとつずつしっかりと、治し方を実践していってくださいね。

ただし、もし自力で治すことすら困難な状態になってしまった時は、必ず病院を受診してくださいね。

病院で医者に診察してもらうのが、五月病の最も確実な治し方です。

ぜひ、自分の体を十分にいたわってあげて、GW明けの仕事に、元気な心と体で臨んでくださいね!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA