新入社員向け「五月病対策3選」をうつ病経験者が解説します!

「5月が近づくほど、気分が悪くなっていく…」

「もしかして、五月病にかかっているのかも…」

あなたは、今、

  • 原因不明の心の不調
  • 眠りたくても眠れない
  • 食欲が湧かない

このような症状に悩まされてはいませんか?

5月のこの時期は、GW(ゴールデンウィーク)で、今までの仕事や人間関係の緊張が一気に抜けることによって、『五月病』にかかる人が続出します。

私も、GW前頃から、見事に五月病にかかってしまったうちの一人です。

私は、以前、看護師をしていましたが、4月終わり頃から、

  • 仕事がつらい
  • 食欲が湧かない
  • 泣くことが増えた

といった状態になってしまいました。

こののちに退職をしてしまい、心療内科の主治医から、軽度の『うつ病』と診断され、現在も服薬を続けています。

今考えると、五月病が、うつ病発症のきっかけだったのかな、と考えています。

この記事を読んでいるあなたには、このような出来事を経験して欲しくありません。

そこで、この記事では、新入社員のあなたに向けた、五月病の3つの対策を記載しています。

私が、つらい状況なりに経験してきた対処法も、合わせて記載しています。

この記事を読むことで、新入社員に特化した、五月病の対策を知ることができます。

対策を知ることができれば、4月のはじめの時のような、やる気に満ちていた心の状態を、再び取り戻すことができますよ。

今は、気分が落ち込み気味で、心がとてもつらい状態ですよね。

ですから、無理をせず、この記事に書いてある対策をひとつでも覚えて、あなたの生活の中で実践してみてくださいね。

新入社員にピッタリな、五月病の対策3選

さっそく、今のあなたにピッタリな、新入社員における五月病の3つの対策について、詳しくお話をしていきます。

私も、新人看護師時代の5月頃、とても心がつらく、毎日生きていくのも苦しい状態でした。

結局、そのつらい状態から脱することができず、流れるように退職をしてしまいました。

このような最悪の出来事を、あなたには経験して欲しくありません。

そのために、あなた自身が今すぐできる五月病対策を、この章から学び、ぜひ実践をしてみてくださいね。

五月病対策1.食事に気を配る!

「食事で改善できたら苦労しないよ…」

と、あなたは思うかもしれません。

私も、食事の効果については、最初はまったく信用していませんでしたし、食事には一切気を使っていませんでした。

しかし、人間の体は、食事や栄養によって作られていくもの。

心と体の健康は、食事が関係していると言っても過言ではありません。

例えば、五月病を未然に防いだり、五月病を解消するには、『セロトニン』という、心の調子を整えてくれる脳内物質が、非常に有効です。

このセロトニンを、脳内から効果的に分泌させることで、憂うつな気分や、やる気の低下を抑えることができます。

つまりセロトニンは、五月病に対して、抜群に効果を発揮してくれるというわけなんですね。

あなたは、日頃の食生活をおろそかにしていませんか?

栄養や食生活を気にせず、ただなんとなく食事を食べてはいませんか?

食事への意識をちょっと変えるだけで、あなたの体が、五月病に効く『セロトニン』を、しっかりと分泌してくれるようになります。

その結果、

「いつの間にか五月病が治っていた!」

ということも、起こり得るかもしれませんよ。

五月病対策2.規則正しい睡眠をとる!

規則正しい睡眠をとることも、五月病の対策には、非常に重要です。

もちろん、

  • ぐっすり眠る
  • 気持ち良く眠る

といった、『良質な睡眠』も、とっても大切です。

しかし、新入社員特有の五月病にかからないようにするためには、GW(ゴールデンウィーク)を上手く切り抜けることが、何よりも重要です。

あなたは、GWだからといって、とにかくいっぱい寝ようと考えてはいませんか?

長期休みに入るからといって、遅くまで起きて昼まで寝るといった、不規則な生活を送ろうとしてはいませんか?

ドキッとしてしまったあなたは、要注意!

なぜなら、この不規則な生活が、五月病の大きな原因のひとつだからです。

GWという長期休みがなければ、もしかしたらあなたは、五月病にかかることはないのかもしれません。

それくらいに、GWは、あなたの睡眠リズムを崩しやすい原因となります。

睡眠リズムの崩れによって、あなたは、五月病にかかりやすくなってしまいます。

  • 健康的な睡眠の不足
  • 家にこもり、日光を浴びない
  • 食事が不規則になる

このようなダラダラとした生活を1週間以上も続けていたら、だんだんと気分が落ち込んでくるのも、無理のないこと。

そして、GW明けにも関わらず、いきなりの仕事に対応し切れず、そのままズルズルと五月病にかかっていってしまうのです。

そのため、GW中でも、『規則正しい睡眠』をとることが、五月病の対策に、とっても有効な方法なんです。

規則正しい睡眠をとることで、脳内から、『メラトニン』と呼ばれるホルモンが分泌されます。

このメラトニンには、体内時計の乱れを改善する効果があります。

そのため、

規則正しい睡眠
↓ ↓ ↓ ↓
メラトニンの分泌
↓ ↓ ↓ ↓
規則正しい睡眠

という、睡眠の好循環を生み出すことができます。

この好循環を、GW中にも継続することこそ、五月病の対策に効果的と言えます。

GW中だからといって、不規則な生活を送るのは、できるだけ避けるようにしましょう。

規則正しい睡眠をとり、五月病にかからないよう、GW後の仕事を見据えた生活を心掛けてくださいね。

五月病対策3.オフの時間・オフの日を必ず作る!

「仕事を忘れられるくらい、思いっきり楽しもう!」

そんな、オフの時間やオフの日を、休日やGW中に、必ず作るようにしましょう。

もちろん、先ほどお話をした、規則正しい睡眠を心掛けた上で、ですよ!

あなたは、真面目な性格ですか?

人から、几帳面と言われることはありますか?

五月病にかかってしまう人は、

  • 几帳面
  • 真面目
  • 頑張り屋

な人に多いとされています。

この性格は、うつ病にかかりやすい性格でもあります。

ちなみに、まさに私の性格が、これにピッタリと当てはまります…。

私は、新人看護師時代、仕事のプレッシャーにいつもさらされていました。

「もっと頑張らなきゃ…」

「失敗してはいけない…」

と、心がガチガチに固まってしまっていたんですね。

そのため、休日やGW中は、ずっと次回の仕事のことが、頭から離れませんでした。

このことが原因で、退職するまでずっと、思うような休日を過ごすことができませんでした。

今、冷静に思えば、

「しっかりと休んでおけばよかった。」

と、心から思うんですが、当時は、そんな余裕は一切ありませんでした。

あなたは、仕事と休みの区別を、しっかりとつけられていますか?

今年入ったばかりの新入社員ともなると、つい必要以上に頑張ってしまい、休日をおろそかにしてしまいがち。

あなたも、自分でも自覚できていないところで、頑張りすぎてしまっているかもしれませんよ。

オンとオフの区別がつけられることで、上手にストレスを発散することができるようになります。

このストレスの発散こそ、五月病にかからないようにするために、非常に大切なポイントです。

休日やGWは、仕事のことを忘れられるくらいに、思い切った休日を過ごしてみてくださいね!

『五月病対策3選!新入社員に効果的な予防法とは?』まとめ

3つのまとめ
  1. 食事に気を配り、セロトニンをしっかりと分泌させる!
  2. 規則正しい睡眠をとり、メラトニンをしっかりと分泌させる!
  3. オフの時間・オフの日を作り、仕事のことを一切忘れて、ストレスを発散させる!

新入社員における、五月病の効果的な3つの対策について、詳しくお話をしてきました。

この中から、あなたが実践できそうな対策は、ひとつでも見つかったでしょうか?

五月病の対策がわかったことで、これから来るGWを、気分の落ち込みなく乗り切ることができるようになります。

そして、GW明けの仕事にも、何事もなく取り掛かることができますよ。

また、今回の対策で紹介した、

  • 健康的な食事
  • 規則正しい睡眠
  • ストレスの発散

は、五月病だけでなく、これから社会に出て活躍するあなたを、ずっと支えてくれるものです。

ぜひ、あなたの実際の生活の中に、これら対策を取り入れてみてくださいね。

そして、仕事にも遊びにも思いっきり打ち込むことができるよう、これからの新生活を充実させていってくださいね!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA