五月病とうつ病の「違い」の話。【時期,症状,原因,きっかけ】

「5月に入ってから元気がない…」

「もしかして五月病?それともうつ病…?」

うつ病と五月病の違いは、わかりそうで、わかりづらいものですよね。

「五月病は我慢してれば良くなるイメージがあるけど、うつ病だったらどうしよう…?」

と、自分の今のつらい症状・状態に、不安や心配を感じてしまいますよね。

私も過去に、看護師として新人の時期を経験したことがあります。

4月はとってもやる気に満ちていたのに、5月に入ると、急に元気がなくなり、やる気もなぜか消失してしまいました。

私の場合は、最終的に『うつ病』と診断され、そのまま病院を退職してしまいました。

五月病がきっかけでうつ病になってしまったのかな、と、今では考えています。

このように、五月病とうつ病は、お互いとっても似ているもの。

そのため、違いがあいまいでわからないというお気持ちは、とても良くわかります。

そこで、この記事では、五月病とうつ病の違いを徹底的に明らかにするために、詳細に解説を行っています

この記事を読むことで、

  • 五月病とうつ病の違いがわかる
  • どこがどう違うのか、具体的な違いが明らかになる
  • あなたが五月病、もしくはうつ病だった場合に、どう対処すれば良いかがわかる

このような、五月病とうつ病にまつわる情報を、詳細に詰め込んでいます!

五月病とうつ病の違いがわかることで、今の症状・状態の改善のきっかけに繋がり、再び元気に仕事をこなすことができるようになりますよ!

ですから、安心して記事を読み進めてみてくださいね。

そして、現在のあなたの症状・状態が、

  • 五月病なのか?
  • うつ病なのか?
  • それとも、どちらでもないのか?

を、明らかにしていきましょうね。

五月病とうつ病の違いを教えて!

五月病とうつ病は、似ているようで、やはり明らかな違いがあります。

その違いを、以下にすべてまとめました。

こちらのまとめに、五月病とうつ病の違いが全て網羅されていると言っても、過言ではありません。

こちらのまとめは、しっかりとチェックしてみてくださいね。

五月病とうつ病の違い

分類

五月病:『五月病』は、正式な病名ではなく、適応障害の一種

うつ病:うつ病は、なまけや甘えなどではなく、正式な病気の一種

五月病は適応障害であり、うつ病とは分類が異なります。

時期

五月病:5月のGW明け頃から、心身の不調が現れる

うつ病:時期を問わず、心身の不調が現れる

時期には、それぞれに明確な違いがあります。

発症のきっかけ

五月病:就職・転職・転居など、環境の変化によって発症する

うつ病:環境の変化によらず、ストレス全般など、様々な原因によって発症する

五月病は、発症のきっかけが特徴的です。

主な症状

五月病:気分の落ち込み・不眠・食欲不振など、心と体の両方に様々な影響を与え、個人差もある

うつ病:気分の落ち込み・不眠・食欲不振など、心と体の両方に様々な影響を与え、個人差もある

主な症状は、どちらもよく似ており、明確な違いはありません。

症状の経過

五月病:一過性であることが多く、環境への慣れとともに改善していく

うつ病:長期間にわたって症状が続き、自力ではなかなか改善の傾向が見られない

心身のつらい症状が2週間以上続く場合、うつ病である可能性があります。

症状の原因

五月病:症状の原因を、周り(仕事内容・住環境など)のせいにすることが多い

うつ病:症状の原因を、自分のせいにすることが多い

五月病は、「仕事内容が自分に合わない!」と、環境に対して原因があると感じます。

うつ病は、「つらいのは自分のせいなんだ…」と、自分を責めてしまう傾向があります。

いかがでしたか?

五月病とうつ病の違いは、明らかにできたでしょうか?

また、あなたの今の状態が、どちらに近いかも、明らかにすることができたでしょうか?

五月病とうつ病は、

  • 分類
  • 時期
  • 発症のきっかけ
  • 症状の経過
  • 症状の原因

などが、それぞれ異なっています。

一方、主な症状については、どちらも似ています。

症状が似ていることが、五月病とうつ病の違いをあいまいにしている原因でもあります。

ここで大切なことは、それぞれの違いが明確になったことで、あなたの今の状態を改善する方法が明らかになったことです。

「うつ病に当てはまっていそうで不安…」

という場合でも、心配をする必要はありませんよ。

次の章では、五月病とうつ病それぞれを、どうしたら改善できるかについて、私の経験を元にお話をしていきますね。

 五月病、もしくはうつ病かどうかが心配な時の対策は?

五月病とうつ病は、症状が似ており、明確に区別をすることができません。

そのため、

「自分は一体どっちなのか心配…」

というお気持ちが、今、強くあることと思います。

このような場合に、最も効果的な対策は、専門病院を受診することです。

ここで言う専門病院とは、

  • 精神科
  • 心療内科

といった、心の病を専門に扱う病院のことを指します。

「精神科は入りにくい…」

というイメージは、もう昔の話。

今は、心の病に対する社会的な理解も得られてきており、気軽に受診できる小規模な診療所も増えてきています。

私も、五月病をきっかけに、地元の小さな心療内科を受診しました。

現在もお世話になっており、とても綺麗な内装で、主治医も丁寧に対応してくれます。

ですから、まずは安心して、専門病院を受診してみてください。

もし、薬を処方されるのが嫌なら、

「薬は飲みたくないです。」

と、素直に主治医に伝えて大丈夫ですよ。

親や親友に、心配・迷惑をかけたくないという場合でも、専門の医者になら何でも話せるということもあります。

ですから、深く・重く考えずに、気軽に受診をしてみてくださいね。

気分転換では、どうにもならないかもしれない。

インターネットの様々な記事を見ていると、

「気分転換を図りましょう!」

という言葉を、よく見かけます。

しかし、五月病、もしくはうつ病でつらい思いをしている時に、

  • あなたが好きな趣味
  • やっていて楽しいと思える娯楽

を、素直な気持ちで楽しむことができそうですか?

私は、五月病・うつ病にかかっていた時は、何をするに対しても、やる気が起こりませんでした。

以前は好きだった写真やギターなどにも、まったく興味を示さなくなってしまいました。

好きだったことが一切できなくなり、楽しめなくなってしまったのです。

このような状態の時に、ネット上にある様々な対処法を行おうとしても、その気力すら起こりませんでした…。

もし気分転換を図れるのであれば、あなたは、特に問題はないのかもしれません。

気分転換が図れるのであれば、改善の傾向がみられるため、とても喜ばしいことでもあります。

もし、あなたが、

「気分転換を図る気力すらない…」

という、私と同じ状態を感じているのであれば、私と同じように、専門病院を受診してみてくださいね。

ぜひ、自分の体を十分にいたわってあげてください。

そして、五月病、もしくはうつ病からいち早く回復し、再び仕事で活躍できる体を取り戻してくださいね。

『五月病とうつ病の違いとは?時期や症状以外の具体的な特徴は?』まとめ

3つのまとめ
  1. 五月病とうつ病の違い:『分類』『時期』『発症のきっかけ』『症状の経過』『症状の原因』
  2. 五月病、もしくはうつ病かどうか心配な場合、まずは専門の医療機関(精神科・心療内科)を受診する。
  3. 気分転換を図ることだけでは、五月病・うつ病は改善しないかもしれません。

五月病とうつ病の違いを、徹底的に解説・説明してきました。

五月病とうつ病のそれぞれの違いがわかることで、今のあなたの状態が、どちらに近いのかがわかります。

そして、五月病、もしくはうつ病に、どのように対処すれば良いかがわかります。

まずは、五月病とうつ病それぞれの違いだけでも、しっかりと把握してみてくださいね。。

そして、この記事が、あなたがどうしてもつらくて仕方がないという時に、

「病院へ行ってみようかな。」

という、症状改善の第一歩になれれば幸いです。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA