神社巡りがもっと面白くなる「造り(建築様式)」を紹介!



記事内容
神社の造り・建築様式について
記事を読むとどうなる?
訪れた神社の造りがわかり、参拝だけじゃない楽しみが見つかる!
初詣と時々訪れるだけで、あまり意識することはない「神社の造り」についてのお話

造りの特徴や違いを知ると、いろんな神社を巡り、いろんなお社を眺めたくなります✨

1.神明造(しんめいづくり)

神社の造りは、大きく分けて、

  1. 神明造
  2. 大社造

この2つに代表されます

まずは《神明造》について、詳しく知っていきましょう!

神明造は、

日本の原初的な高床式の穀倉の形から発展した

引用:《神社のいろは「神社検定公式テキスト1」》3級・2級

とされています

神明造で建てられた代表的な神社は、かの有名な《伊勢神宮》!

伊勢神宮の造りは「唯一神明造」と呼ばれています

他の神社が伊勢神宮を称え、同じ造りにすることを避けたために、独特の形式となっています

神明造の主な特徴は、

  • 屋根の平らな部分に入り口が設けられていること
  • 材木がそのまま用いられ、「千木(ちぎ)」や「鰹木(かつおぎ)」が設けられていること

だけどこの特徴、文字で説明されてもいまいちパッとしない…

ですが、《大社造との違い》を比べると、この特徴もスッと頭に入ってきます!

次はひとまず、大社造についてご説明していきます

2.大社造(たいしゃづくり)

大社造は、

古代の住居の形から発展した

引用:《神社のいろは「神社検定公式テキスト1」》3級・2級

とされています

代表的な大社造りの神社は、こちらも全国的に有名な《出雲大社》

大社造には、

  • 屋根の三角の部分に入り口が設けられていること
  • 神明造と同じく材木がそのまま使われていること

このような特徴があります

さて、ここまで知ったところで、いよいよこの2つの《違い》についてのお話!

  • ここは神明造!
  • あそこは大社造!

といった違いが分かるようになると、神社巡りの楽しみが1つ増えるようになります!

神明造と大社造の《違い》

  • 神明造
  • 大社造

2つの大きな違いは、《入り口》にあります

2つの建築様式を、写真から見比べてみましょう!

それぞれの《入り口》に注目してみてください!

神明造:伊勢神宮にある「伊雑宮(いざわのみや)

神明造「伊勢神宮・伊雑宮(いざわのみや)」

大社造:神魂(かもす)神社の「本殿

大社造「神魂(かもす)神社の本殿」

この2つは、「入り口がどこに配置されているか?」によって、大きく異なる特徴が現れています

簡単にご説明すると、

  • 神明造は、屋根が《平面》に見える部分「平(ひら)」に入り口を置く「平入(ひらいり)構造
  • 大社造は、屋根が《三角》に見える部分「妻(つま)」に入り口を置く「妻入(つまいり)構造

となっています

写真を見てみると、確かに入り口の配置が異なっているのが分かりますね!

そして全国各地にある神社は、この2つの建築様式から多くの造りへと派生していきました

  • 住吉大社
  • 春日大社
  • 日光東照宮

といった有名な神社も、それぞれここから派生した独特の形式によって建てられています

ここからは、有名な神社の造りについて、いくつかピックアップしてご紹介していきます!

神明造から派生した《八幡造(はちまんづくり)》

神明造から派生した建築様式が、「八幡造」です

大分にある《宇佐神宮》に代表されます

神明造との大きな違いは、日除けや雨除けとして使われる小さい屋根「庇(ひさし)」が設けられていること!

八幡造「宇佐神宮」

写真を見ていただければ分かる通り、平入の入り口部分に、天に向かって沿った屋根がありますね!

この庇の部分を「向拝(こうはい)」と言います

また、本殿が前後2棟に分かれているのも、八幡造独特の特徴です

この、

  • 向拝の有無
  • 本殿の形式

が、神明造と八幡造の大きな違いになります!

大社造から派生した《住吉造(すみよしづくり)》

大阪にある住吉大社に代表される、建築様式の1つ

大社造と似た造りですが、

住吉造

この平面図のように、《本殿が「2部屋」になっていること

また《入り口の階段に屋根が設けられていないこと》が、大社造との大きな違いです

大社造から派生した《春日造(かすがづくり)》

奈良にある春日大社の代表される、建築様式の1つ

春日造

大社造と異なり、妻入の屋根に向拝が設けられています

ご紹介した代表的な造り以外にも、全国各地に様々な派生があります!

上で紹介した、

  • 神明造
  • 大社造
  • 八幡造
  • 住吉造
  • 春日造

以外にも、

  • 日吉造:日吉大社(滋賀)
  • 権現造:日光東照宮(栃木)
  • 尾張造:津島神社(愛知)

など、実に様々な形式があります…!

あなたの地元にある神社も、唯一無二の造りではなく、どれかの造りに当てはまっています

まずは近所の神社のご本殿を、注意深く観察してみてはいかがでしょうか?

《神社の造り・建築様式について》まとめ!

この記事に書いた大事なポイント
  1. 訪れた神社がどの造りをしているかは、まず《本殿への入り口》と《屋根》を確認!
  2. 《庇の有無》や《本殿の部屋の数》によっても形式が異なるので、ご本殿もよく観察してみましょう!

造りがわかるようになると、その神社にいつまでもいたくなってしまいます…(笑)

神社参拝時には、ご本殿の外観も楽しんでみてください!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA