ロキソニンの副作用の1つ《むくみ》を解消する方法!「痛みを止めたいけど飲むのは…」という時の参考にッ!

ABOUTこの記事を書いた人▼

元看護師、今はパソコンでいろいろする人▼《読んだあとに1つ賢くなれる》そんな情報を、見やすさと分かりやすさを心がけて書いています▼《健康》や《映画》に関する記事が多め▼
スポンサーリンク




あなたは現在、ロキソニンによる『むくみ(浮腫)』でお困りではないでしょうか?

ロキソニンの副作用によって、むくみが酷くなる方、むくみが現れる方が多いようです。

「だけど、ロキソニンがないと痛みが酷いし我慢できない!」

という方も、少なくないと思います。

私自身は、ロキソニンが原因でむくんだりすることはないんですが、むくみの辛さはけっこう頻繁に感じています。

立ち仕事を少しするだけでも、足が痺れて変な感じになって、

「あ、これむくんでるな…」

ということがよくあります。

一旦むくむと、なかなかそのむくみを解消できませんし、ジンジンして辛いんですよね…。

そこで今回は、ロキソニンの副作用である《むくみ》を解消する方法を解説していきます!

この記事を読んで、辛いむくみとはオサラバ!

むくみ解消法をチェックして、少しでもむくみの辛さから解放されましょう!

いきなり結論!ロキソニンでむくんだときの《対処法》

ロキソニンでむくみが出る方は、そもそも、むくみが出やすい体質を持っている方と言えます。

ロキソニンによる副作用のむくみは、そこまで頻度の高いものではないため、ロキソニンでむくむ方は、むくみに対する日頃の対処が大切です

日頃の対処とは、すなわち、

  1. ロキソニンの服薬回数を減らす
  2. 非ステロイド性抗炎症剤(NSAIDs)以外の薬を探す
  3. 非ステロイド性抗炎症剤(NSAIDs)以外の薬を処方してもらう

など、むくみの原因であるロキソニンを減らす工夫をすることが、むくみを解決する最も効果的な方法です。

マッサージや水を控えるなどでむくみを改善する方法もありますが、それでは根本的な原因が解決していないため、治してはむくんでのイタチごっこが続いてしまいます。

まずはとにかく、専門の医療機関を受診すること。

専門医が、読者様に合った、最適な薬や対処法を提供してくれることでしょう。


スポンサーリンク

次に知りたい、ロキソニンでむくむ《原因》

ロキソニンは、『非ステロイド性抗炎症剤(NSAIDs)』という種類の薬であり、これによる副作用の一部に、むくみがあります。

直接的に、

「ロキソニンを服用したらむくみますよ」

と言われるわけではありませんが、ロキソニンによるむくみは、この非ステロイド性抗炎症剤(NSAIDs)による、『腎障害』と深い関わりがあります。

ロキソニンによる腎障害とは、簡単に説明すると、プロスタグランジンの産生を抑制すること。

プロスタグランジンという物質が、非ステロイド性抗炎症剤(NSAIDs)によって抑制されてしまうことで、腎血流量が減少し、ナトリウムの再吸収が活発に行われます。

つまり、体から水分が逃げでいきづらくなってしまう、ということですね。

また、抗利尿ホルモンの作用が亢進されてしまいます。

これも、体内の水分が外に出づらくなってしまう原因になります。

主にこの2つの原因によって、体がむくみやすい状態になってしまうんですね。

ロキソニンのような、非ステロイド性抗炎症剤(NSAIDs)を服用したことで、

「尿量が減った…」

「むくみやすくなった…」

という方は、注意が必要です。

あなたは当てはまる?ロキソニンでむくむ人の《特徴》

ロキソニンでむくむ人の特徴としては、『常用していること』が考えられます。

あなたも痛み止めとして、ロキソニンをついつい常用してしまっていませんか?

ロキソニンは、近年薬局で購入することができるようになった市販品ですが、それまでは医師の処方によってしか貰うことのできない薬でした。

『痛み止め=ロキソニン』というイメージのあるくらい、ロキソニンの効果は絶大ですよね。

しかし、効果があるが故に、『副作用』も様々あるため、ロキソニンの使用は計画的に行う必要があります。

ちなみに、ロキソニンの代表的な副作用としては、

  • 腹痛
  • 胃部不快感
  • 食欲不振
  • 悪心・嘔吐
  • 下痢

などなど。

常用されている方は、むくみだけでなく、これらにも注意が必要です。

さて、長期的にロキソニンを服用している方の場合、

「ロキソニンがないと、痛みで動けない…」

「辛すぎて仕事にならない…」

という方も多いかと思います。

そのような方は、まず医療機関を受診してください。

そもそも長期的な痛みが継続的に発生している場合、市販の薬で抑えようとすることのほうが、リスクが高い行動と言えます。

少々面倒でも、一度専門の医療機関を受診し、適切な薬やアドバイスを頂くことをおすすめします。

その結果、

「ロキソニンで大丈夫でしょう」

と言われたら、安心してロキソニンを飲むことができますよね。

むくみについても専門医に相談をすることで、ロキソニン以外の、よりあなたに効果のある薬を処方してもらえるかもしれません。

まずは、医療機関の受診が第一!

覚えておいてくださいね。

『ロキソニンの副作用『むくみ』の解消方法!むくみ解消の為の3つの知恵』まとめ

《むくんだ時の対処法》まとめ
  1. ロキソニンの服薬回数を減らす
  2. 非ステロイド性抗炎症剤(NSAIDs)以外の薬を探す
  3. 非ステロイド性抗炎症剤(NSAIDs)以外の薬を処方してもらう

ロキソニンによるむくみの原因や対処法について解説してきました!

ロキソニンでむくむ方は、そもそも体質的な問題を抱えている場合があります。

ロキソニン以外の薬に変更することは、自分の健康を守るためにも必要なこと。

必ず、専門の医療機関を受診し、最適な痛み止めを貰うようにしてくださいね。

なお、この記事では、むくみに対する応急処置的な対処法については言及しませんでした。

根本的な問題を解決しなければ、むくみはいつまで経っても治りません。

一時的にむくみを治す方法ではなく、根治的な対処法を、今回は書かせていただきました。

痛みとむくみ。

どちらも辛いものですが、そのどちらも完璧に解決できるよう、専門医に診断を仰ぎましょうね。

スポンサーリンク









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA