ロキソニンの副作用「むくみ」を解消する方法!

記事内容
ロキソニンの副作用《むくみ》の解消法について
記事を読むとどうなる?
むくみに対してどのように対処すればいいかがわかる
  • 痛みを止めたい!
  • でも飲むとむくんじゃう…

ロキソニンを飲むことにも抵抗を感じてしまうほどのむくみは、なかなか深刻です…

一度むくんだらなかなか治りませんし、脚全体がジンジンしてつらいんですよね…

この記事では、そんなロキソニンの副作用である《むくみ》を解消する方法を解説していきます

この記事を読んで、つらいむくみを少しでも改善する方法を学んでみてください!

いきなり結論!ロキソニンでむくんだときの《対処法》

副作用によって発生するむくみは、実はそこまで頻度の高いものではないんです

ロキソニンでむくみが出る方は、そもそも《むくみやすい体質》を持っている人…

むくみやすい方は、《起きてからの対処》より、《日頃の予防》を心がけてください

日頃からできる予防法

簡単にできる日頃の予防とは、例えば、

  1. ロキソニンを飲む回数を減らす
  2. 《非ステロイド性抗炎症剤(NSAIDs)》以外の薬を飲む
  3. 病院でNSAIDs以外の薬を処方してもらう

ことなどが挙げられます

一番効果的な方法は、むくみの原因であるロキソニンそのものを減らすこと

  • マッサージをする
  • 水分摂取を控える

といった《対処療法》でむくみを和らげることもできます

ですがそれでは、根本的な原因が解決できていません…

自分で対処するだけでは、「治してはむくんで…」のイタチごっこが延々と続いてしまいます

  1. 痛み止めは飲みたい
  2. でもロキソニンの服用は抑えたい

という2つを両立するためには、自力での対処は限界があります…

元看護師の僕としては、まずはとにかく病院を受診していただきたいと考えています

専門のお医者様が、《あなたの体に合う最適な薬》と《むくみの解消法》を教えてくれます!

次に知りたい《ロキソニンでむくむ原因》

ロキソニンは、専門用語で言うと《非ステロイド性抗炎症剤(NSAIDs)》という種類のお薬

この下からは「NSAIDs(エヌセイズ)」と表記します

この薬の副作用の1つに、むくみがあります

NSAIDs自体は、直接的な原因ではありません

ロキソニンによるむくみは、NSAIDsによる《腎障害》と深い関わりがあります

腎臓の機能が悪くなることで、簡単に言うと、体内の水分が外に逃げにくくなります

読み飛ばしても大丈夫!《腎障害》の専門的なお話

ロキソニンによる腎障害とは、《プロスタグランジン》という物質の産生を抑制すること

  1. プロスタグランジンの産生がNSAIDsによって抑制される
  2. 腎血流量が減少する
  3. ナトリウムの再吸収が活発に行われる

この流れによって、体内の水分が外に出づらくなってしまいます

また《抗利尿ホルモン》が活発に働くようになり、体内の水分を保持する方向に働きます

《水分が外に逃げない》ということは、

  • むくみが起きやすい
  • むくみが残りやすい

ということにつながります

ロキソニンを服用して、「尿が出にくくなった…?」と感じている方は、この原因に当てはまっているかもしれません

先ほどお話ししたこと同じく、まずは内科を受診してみてください!

あなたは当てはまる?ロキソニンでむくむ人の《特徴》

ロキソニンでむくむ人の特徴として考えられるのは、《常用していること》

痛み止めとして、ついロキソニンに頼りがちになっていませんか…?

ロキソニンは、効果も副作用も大きいお薬

ロキソニンは、近年薬局で購入することができるようになった市販品

それまでは、医師の処方でしかもらうことのできない薬でした

「痛み止めといえばロキソニン」というイメージのあるくらい、ロキソニンの効果は絶大!

ですが効果のあるお薬は、それだけ副作用も多いもの…

ロキソニンの服用は、本来なら計画的に行うべきなんです

これらに心当りはありますか?

  • 常用している
  • 長く飲み続けている
  • むくみや他の副作用が解消されない

これらに心当たりのある方は、ご自分の体を大切にすると思って、まずは病院へかかってみてください

その結果、医師から「ロキソニンで大丈夫です」と言ってもらえれば、今後安心して服用することができますよね!

なかなか解消されないときは、まず《内科》を受診!

覚えておいてくださいね!

むくみ以外の代表的な副作用

  • 腹痛
  • 下痢
  • 吐き気
  • むかつき
  • 食欲不振
  • 胃の不快感

「むくみを解消する方法」まとめ

この記事に書いた大事なこと
  1. ロキソニンを飲む回数を減らす
  2. 症状が長引いているときは《内科》を受診する
ロキソニンでむくむ方は、そもそも体質的な問題を抱えている場合があります…

ロキソニン以外の薬に変えることは、

  • 根本的な原因を解決するため
  • 自分の健康を守るため

に必要なこと!

《痛み》と《むくみ》のどちらも100%解消できるよう、まずは薬局にいる薬剤師さんや専門医に相談してみてください!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA