お神輿を担ぐ「意味・由来」を紹介!お祭りで近所を練り歩く理由とは?



記事内容
お祭りで神輿を担ぐ意味・街を練り歩く意味について!
記事を読むとどうなる?
神輿を使う意味がわかり、お祭りをより深く楽しむことができる!
小さい頃、地元の神社の例大祭で、お神輿を担ぎながら近所を練り歩いた思い出が甦ります…

この記事では、この「なぜ神輿を担ぐのか?」という疑問にお答えしていきます!

なぜ神輿を担ぐのか?

有名なものから地元の小さなものまで、大なり小なりのお祭りで見られる《神輿を担ぎ街を練り歩く》光景…

私たちがお神輿を担ぎ、街を練り歩く理由は、

  1. 神様に、私たちの生活をご覧いただくため
  2. 神様が、その地域や人々に幸いを与えるため

この2つが主な理由です!

普段はご本殿に静まられている神様ですが、

氏子の生活を直接ご覧になり、幸いを与えられる

引用:《神社のいろは「神社検定公式テキスト1」》3級・2級用

ために、私たちが生活する場所へ神様をご案内するというわけですね

氏子とは?

氏神様が守ってくださる範囲に生まれた人々のこと

神輿には神様がいらっしゃいます!

お神輿は、ただの道具ではありません…!

私たちが神輿を担ぐ前に、神社では《ご本殿から神輿に神様をお遷しする儀式》が執り行われています

こうして神輿にお遷りになった神様を、私たちが担いでいるのです

神輿を担ぐ代表的なお祭り「例大祭」

私の地元では、毎年「例大祭」当日の朝からお神輿を担ぎ、「ワッショイ!」の掛け声とともに地元中を練り歩きます

この「例大祭」についても、少し触れておきましょう!

例大祭とは、《その神社にとって最も重要な祭事》です

  • 神社が建てられた日
  • ご祭神と関わりの深い日
  • その地元にゆかりのある日

など、神社や神様にとって最も重要な日に合わせてお祭りが開かれ、その地域は最も活気あふれる1日になります!

  • 神様に喜んでいただくための「催し物
  • 神様とともに氏子も楽しむ「屋台」や「演芸

など、その地域一体となって神様を盛り上げ、神様に感謝しながら私たちも一緒に楽しみます

《例大祭は、神社・神様にゆかりのある日》ということを知ると、神社の歴史を深く知ってみたくなりますね!

《神輿を担ぐ意味について》まとめ!

大事なポイントをおさらい
  1. 神輿を担ぐ意味:神様に幸いを与えていだたくため
  2. 神輿はお祭りの道具ではなく、神様が鎮座されている!
  3. 例大祭:神社・神様に最もゆかりのある日を祝うお祭り

あなたが担ぐお神輿には、どんな神様がいらっしゃるのでしょうか?

あなたの地元で開かれる例大祭には、どんなゆかりがあるのでしょうか?

毎年の例大祭が、ちょっと楽しみになりますね!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA