ミニマリストの《部屋の作り方》&《物を置かないメリット》について経験者がお話しします!

ABOUTこの記事を書いた人▼

元看護師、今はパソコンでいろいろする人▼《読んだあとに1つ賢くなれる》そんな情報を、見やすさと分かりやすさを心がけて書いています▼《健康》や《映画》に関する記事が多め▼
スポンサーリンク




ミニマリストとは、簡単に言うと『物を持たない暮らしを実践している人』のこと。

そんなミニマリストの生活している部屋とは、一体どんなものなのでしょうか?

  • まったく物がない?
  • 必需品や小物はちょっとある?
  • それとも意外と物が置いてある?

ミニマリストを実践している私の体験・経験から、ミニマリストの部屋は一体どうなっているのかを解説!

ミニマリストの気になるお部屋を覗いてみましょう!

ミニマリストの部屋を作るには?

ミニマリストの部屋を目指すには、

  • 断捨離
  • 収納スペースの有効活用

を心掛けましょう。

断捨離

まずはなんといっても『断捨離』。

「これは必要!」という物だけを残し、「これは要らない。」「これは捨てようか迷う…」というものはアッサリと捨てる。

それだけで、かなり物がなくなり部屋がスッキリすると思います。

特に「これは捨てようか迷う…」というものが、一番部屋を圧迫しています。

思い切って捨ててみて、部屋をスッキリと見せましょう。

『断捨離』は、ミニマリストのキーポイントです。

そもそも物を無くすということを意識してみましょう。

収納スペースの有効活用

収納スペースを有効活用し、『部屋に物がなく見せる』ことも、ミニマリストとしては非常に重要なポイント。

ニトリで売られているような収納ボックスを活用したり、服などは綺麗に畳んで小さくして収納スペースを確保したり、工夫しながら収納していきます。

収納スペースに納めるものも、できれば必要最低限の物が望ましいでしょう。

要らない物を収納スペースに納めるだけでは、要らない物の場所が変わっただけで根本的な解決にはなっていません。

やはり、『断捨離』こそが、ミニマリストのキーポイントとなります。


スポンサーリンク

部屋に物がないことによるメリット

部屋に物がないことで、

  • 掃除が楽
  • 物を置かないことで部屋が広く開放的に見える
  • 部屋が明るく感じられる

などが挙げられます。

特に『掃除が楽』という点においては、かなり生活自体が楽になり、生活にメリハリ・潤い・清潔さが出ます。

また、物がないことで部屋の床や壁がしっかりと見えるようになり、部屋の明るさが際立ちます。

特に白い壁や明るい床だと実感が強くなります。

開放的な空間といえば『カフェ』を想像してみてください。

まさにあの空間がそのまま部屋に置かれたような感じになります。

部屋に物がないことによるデメリット

  • 何もすることがなくなる
  • 部屋が寂しく感じられる

こんなところを私は感じています。

マンガやゲームなど娯楽になるものを置いていないと、暇な時に本当に何もすることがありません。

また、開放的になった部屋は気持ちの良い反面、時折、広い部屋に一人という寂しさも感じてしまいます。

メリットとデメリット、両方を活かした部屋づくりが理想的です。

そんな部屋の追求も、ミニマリストにとっては楽しい挑戦のひとつではないでしょうか。

ミニマリストにもいくつかのタイプがある

ミニマリストにも、幾つかの種類があります。

その種類によって、部屋の形態も変わってきます。

私の考えるミニマリストは、

  1. 究極実践派
  2. ほどほど実践派

の2つに大別しています。

もちろんこれより細かい分類や種別はたくさんあるかと思いますが、究極的には、『とことん実践する人』と『ほどほどに実践する人』の2タイプに分かれると思って良いかと思います。

究極実践派:とことん実践する人

究極実践派のミニマリストは、とにかく『物を持たない』という言葉通りに、ミニマリストを実践します。

必需品中の必需品以外は全て捨てたり処分したりして、とにかく物のない生活を送っている人たちのことを指します。

このような究極実践派の人たちの部屋は、とにかく物がありません。

布団すらなく、寝袋を押入れに入れて、部屋には何も物がないという状態をキープしている方も少なくありません。

他にも、食事は外食やすぐに捨てられるものを食べることを徹底し、お皿や箸などは必要最低限。

もしくは全く持たないという凄腕の方も中にはいらっしゃいます。

究極実践派の方たちは、とにかく『物がない』ことに拘っており、その徹底ぶりに驚嘆してしまいます。

ほどほど実践派:ほどほどに実践する人

一方、ほどほどにミニマリストを実践している人を、私は『ほどほど実践派』と分類しています。

私もほどほど実践派の1人だと自負しています。

自分の部屋は、『必要なものは置くが、必要ないものは捨てたり買ったりしない』。

そんな部屋や暮らしを徹底しています。

私の部屋にあるものは、

  • テレビ
  • エアコン
  • 布団
  • 机と椅子
  • パソコン

などなど。

服は押し入れにしまい、部屋には置かないようにしています。

基本的に毎日使うものは部屋に置き、たまに使うものは押入れにしまい、必要な時に外に出す。

こんな生活を送っています。

そのため部屋はわりとスッキリしており、物はほとんど置いていない状態をキープしています。

本棚、こたつ、カーペット、ベッドなどは一切置いていません。

自分の暮らし・生活に合った必要最低限の物だけを置く生活を送っており、無理に物を捨てる・無くすということはありません。

部屋は上記のものが置いてあるくらいでスッキリしていますが、皆さんが想像するような『本気のミニマリスト』と比べると、多少残念に思われたり、見劣りしてしまう部分があるかもしれませんね。

『ミニマリストの部屋特集!ミニマリストの部屋に関する4つの知識』まとめ

5つのまとめ
  1. ミニマリストの種類…『究極実践派』と『ほどほど実践派』
  2. 究極実践派とほどほど実践派の部屋の違い
  3. 部屋に物がないことによるメリット
  4. 部屋に物がないことによるデメリット
  5. ミニマリストの部屋を目指すには、『断捨離』と『収納スペースの有効活用』

『ミニマリストの部屋』に関して、様々な視点から注目してみました。

ミニマリストの部屋について、理解が深まったでしょうか?

これからミニマリストを実践してみようという方も、ミニマリストに興味のある方も、まずはミニマリストに関する様々な知識を深め、納得のいくミニマリスト生活を実践してみてくださいね!

スポンサーリンク









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA