「仕事辞めたい…」と思ったときに取り入れたい《ミニマリスト的仕事術》をミニマリスト本人が考えてみました

ABOUTこの記事を書いた人▼

元看護師、今はパソコンでいろいろする人▼《読んだあとに1つ賢くなれる》そんな情報を、見やすさと分かりやすさを心がけて書いています▼《健康》や《映画》に関する記事が多め▼
スポンサーリンク




ミニマリストは、一体どんな仕事に就いているのか?

今回は、そんなテーマでお送りしたいと思います。

ミニマリストの仕事って、気になりますよね。

  • ミニマリストはどんな職業に就いているのか?
  • 仕事にもミニマルスタイルを持ち込んでいるのか?
  • 仕事着や仕事机など、どんなものを使っているのか?

などなど、仕事に関して気になることは、ほかにもたくさん。

かく言う私は、現在在宅での仕事が中心です。

ブログを書いたり、クラウドソーシングサービスを利用したり、足りない時はアルバイトをしたり…。

男2人でルームシェアをしながら、コツコツ、地味な毎日を過ごしています。笑

やはりミニマリストの方は、在宅中心に仕事をしているのか?

それとも普通に仕事をこなしているのか?

詳しく探っていきましょう!

《ミニマリスト的仕事術》とは?

『ミニマリスト的仕事術』とは、いったいどのようなものなのでしょうか?

物を持たない・物が少ないミニマリストと、仕事・職業がどのように繋がるのでしょうか?

『ミニマリスト的仕事術』は、東日本大震災以降のミニマリストの台頭とともに、密かにブームになっています

ミニマルライフを取り入れていない方でも、仕事場で集中するために、自然とミニマルスタイルを取っている、そんな方も見られます。

集中力の向上・行動力の上昇

仕事デスクや、仕事場・仕事で使うバッグなどなど。

これら仕事をする上で必要な環境に余計な物がないことで、

  • 仕事に向かう集中力
  • 仕事をこなす行動力

が身に付きます。

物が多い雑多なデスクに座っていては、気が散ってしまいなかなか作業に集中することができません。

また、集中できたとしても、視界に入る物や気になるものがデスクに多くあっては、せっかく得た集中力も持続しません。

不要なものが一切ない環境を整えることで、仕事により集中することができるようになります!

さらに、不要な物がないことで、

「早く仕事に取り掛かろう!」

という行動力も生まれ、仕事が効率的になります。

時間の短縮・効率化

仕事に集中し、行動力も増すことで、仕事が『効率化』し、仕事に充てる時間が『短縮』されます。

その結果、仕事を終らせる時間を早めることができたり、より質の良い仕事をすることが可能になります。

時間を上手に・効果的に・効率的に使うことができる能力が身に付くため、仕事全般に良い効果を与えてくれます。


スポンサーリンク

《ミニマリスト的仕事術》を取り入れてほしい人

普段の仕事中から、

  • 「忙しい!」と汗を流している方
  • 「時間がない…」と焦りを感じている方
  • 「仕事に手が回らない!」とあくせくしている方

上記に当てはまる方は、このような『ミニマリスト的仕事術』を一度試してみてはいかがでしょうか?

また、机の上やバッグの中身が雑多な方なども、一度それらをスッキリさせてみると、より仕事が捗るかもしれませんよ!

ミニマリストとはいえ、仕事は普通にこなしている方が多い印象

ミニマリストだからといって、仕事もミニマルに最低限に、ということはないようですね。

私が知る限り、ミニマリストでも定職に就いている方が多い様子です。

私こそ、今は在宅中心の生活を送っているものの、以前は看護師をしていましたから、『看護師をしながらミニマリスト』という方も、他にもいらっしゃると思います。

私が見てきた限り、ミニマリストは様々な仕事に就いており、

  • 在宅中心の方
  • 会社員をされている方
  • 学生の方
  • 専業主婦の方

本当に様々です。

「ミニマリストだからこの職業!」

という特徴も、あまりないように感じられますね。

在宅中心の人

私がそうであり、在宅中心に仕事をされているミニマリストの方は、案外多くいらっしゃいました。

それでも、会社員よりは少数派な感じでしょうか。

在宅中心なので、ミニマルスタイルをそのまま仕事に持ち込めるのがメリット

  • 仕事机もミニマルに
  • 仕事着も好きなものを
  • 仕事スタイルも自由に

仕事に関することを自分で決められるので、ミニマリストで在宅ワークをされている方は、とても仕事がし易い環境なのではないでしょうか。

私の場合はカフェでも仕事ができますし、家でも仕事場に相応しい環境づくりができています。

そんな感じに、仕事のスタイルを決められるということで、ミニマリストで在宅の方は、比較的多くみられました。

会社員の人

私の周りや調べている限りだと、

  • 会社員
  • サラリーマン
  • 普通に就業している方

が、最も多くいらっしゃいました。

仕事での飲み会や付き合い・趣味や娯楽にお金を使う一方、家では質素倹約な生活をするためミニマリストになっている、という方が多い様子ですね。

たしかに、ミニマリストになると、あまりお金を使わなくなります。

物がそもそも少ない生活、そして物を増やさない生活を送っていますから、最低限のお金しか消費しません。

その分節約できたお金を、趣味や娯楽費に充てるというのは、賢いお金の使い方ですね。

こういった生活をされている方を見て、

「なるほど!」

と感心してしまいました!

節約・倹約的なミニマリストの方が多い、これが会社員でミニマリストの方の特徴ですね。

学生の人

学生の方のなかにも、ミニマルライフを実践している方がいらっしゃいました。

若いうちからミニマルな生活を送ろうとするというのは、驚きですね。

私が学生の頃は、物が欲しくて仕方ありませんでした。

興味のあるものはなんでも収集・コレクトして、家には物が溢れかえっていましたから…。

学生でミニマリストを実践されている方は、海外を経験された方が多い印象を受けました

日本より不便で物がない国への旅行を経験して、日本でミニマルライフを送ろうと決心される方が多い様子。

時間があり、海外旅行へ行きやすい学生ならではの発想に驚きました!

専業主婦の人

専業主婦の方にも、ミニマリストは多くいらっしゃいました。

専業主婦でミニマリスト、というのは、なんだか納得な感じですね。

家のことを把握している専業主婦だからこそ、ミニマルな生活も送りやすく、また続けやすいのではないでしょうか。

家にいる時間も長いですし、

「自宅をもっと快適に!」

という視点からミニマリストになる方も多いようですね。

家のことをしっかり把握できる専業主婦ならではのミニマルスタイルも見られそうですね。

ミニマリストは生活をミニマルにする人のこと。仕事や職業はあまり関係ないと思う

ミニマリストは、普段の生活のなかで不要なものを捨て去り、物のない・物の少ない生活を送っている人のことを指します。

仕事場にミニマルスタイルを持ち込んでいる方もなかにはいらっしゃいますが、ほとんどの方は、その会社に合った働き方をしています。

また、専業主婦や学生など、実質仕事に就いていない方でもミニマリストを実践されている方は多く、仕事とミニマルライフは、直接は関係ないようです。

ただ、『ミニマリスト的仕事術』というのが、今、巷で流行っているようで、仕事にミニマリスト的視点を活かす考え方を実践されている方もいらっしゃるようです。

『ミニマリストはどんな仕事に就いてるの?仕事内容や仕事術を徹底解説っ!』まとめ

3つのまとめ
  • ミニマリストには、様々な職業の方がいる
  • 在宅ワーク、会社員、学生、専業主婦などなど
  • 『ミニマリスト的仕事術』について

ミニマリストの仕事内容や、ミニマリストの仕事術についてお話をしました!

ミニマルスタイルは、生活だけでなく、仕事にも活かされているんですね。

ミニマルスタイルを生活に取り入れていない方でも、仕事で活かせる場面は多々ありそうです!

これをきっかけに、仕事にもミニマルスタイルを取り入れてみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA