夏バテ時の「下痢」を止める対策3選!お腹のゴロゴロを今すぐ治す方法

「夏バテかも…」

「下痢がおさまらない…」

食欲もなく、食べたものがほとんど出てしまう下痢は、とってもつらいものですよね。

  • 食事も満足にとれない
  • 気力もなくなってしまう

そんな下痢は、一刻も早く治したいものですよね。

私も、よく夏バテにかかってしまうことがありますから、あなたの今のお気持ちは、とってもよくわかりますよ。

今回この記事では、夏バテ時の3つの下痢対策について、あなたにお話をしていきます!

「今すぐ治したい!」

そんな下痢の対策を、この記事から、わかりやすく見ていきましょう!

夏バテ時の下痢対策がわかることで、下痢を治すことができ、この夏を、再び健康に元気に乗り切ることができるようになりますよ。

あなたの下痢がいち早く治るように、様々な対策をご紹介していますから、安心して記事を読み進めてみてくださいね。

そして、一刻も早く、あなたが感じているつらい下痢を解消させていきましょう!

夏バテ時に効果的な、3つの下痢対策とは?

「夏バテになってしまった…」

「下痢がおさまらない…」

そんな時に効果的な、3つの下痢対策をご紹介していきます!

その3つの対策とは、

  1. 体を冷やしすぎない!
  2. 水分補給を徹底する!
  3. 熱中症を疑い、病院を受診する!

この3つ!

この3つの対策を、日頃からしっかりと意識することで、

  • 下痢
  • 下痢に伴うつらい症状

を、少しずつ回復させていくことができますよ。

最初は、

「すべてをちゃんと行おう!」

としなくても大丈夫ですよ。

まずは、この中のひとつでも対策を覚えて、簡単なものから実践をしてみてくださいね。

下痢対策1.体を冷やしすぎない!

蒸し暑い夏は、ついつい冷房をドカドカと使ってしまいがちですよね。

気づけば、設定温度が20℃になってしまっていたりと、蒸し暑い夏に、冷房はとっても心地良いものですよね。

しかし、冷房によって体を冷やしすぎることで、下痢を悪化させてしまうことがありますので、要注意!

  • エアコンの設定温度は28℃前後にする
  • こまめに衣服などで調節をする

ことなどが、下痢対策につながりますよ。

また、冷たすぎる食べ物や飲み物も、体を内側から冷やしてしまうので、NG!

夏は、キンキンに冷えたビールや、冷たいアイスをついつい食べてしまいたくなる時期でもありますよね。

ですが、これら食べ物や飲み物は、体を冷やし、胃腸に刺激を与えてしまいますので、避けるようにしましょう。

特に、下痢を起こしている時は、冷たい食べ物や飲み物を禁止し、体を内側から冷やさないように注意をしてくださいね。

【ちょこっと解説】夏バテによる下痢の原因とは?

夏バテによる下痢の原因のひとつは、体が冷えすぎてしまうこと。

体が冷えすぎると血行が悪くなり、胃腸の動きが低下してしまいます。

その結果、きちんと食べ物を消化したり、飲み物を吸収することができず、食事が下痢として体外に流れてしまうんですね。

下痢をしてしまった時は、とにかく体を冷やしすぎないこと!

まずはこのことを、しっかりと覚えておいてくださいね。

下痢対策2.水分補給を徹底する!

あなたは、下痢をしてしまっている時でも、水分補給はしっかりと行っていますか?

「また下痢になるのが怖い…」

と、水分をあまり摂らないようにしてしまってはいませんか?

下痢をしてしまっている時は、むしろ水分を積極的に補給する必要があります!

その理由は、下痢により、体の水分が過剰に失われることがあるから。

そのため、下痢をしてしまっている時は、水分補給を徹底するようにしてくださいね。

以下に、水分補給時に大切な3つのポイントを記載しました!

こちらから、下痢の時に重要な3つのポイントを知り、適切に水分を補給するようにしてくださいね。

水分補給時の3つのポイント!

1.こまめに飲む

「喉が渇いた…」

と感じる時には、人間はすでに脱水状態になってしまっています。

そのため、喉の渇きを感じる前に、こまめに水分を補給し、脱水状態を防ぐようにしましょう!

2.冷えすぎていない飲み物を飲む

先ほどもお話をしましたが、冷えすぎの飲み物は、胃腸に刺激を与え、下痢を助長させてしまいます。

下痢をこれ以上悪化させないようにするためにも、常温程度に温めた飲み物を飲むようにしてくださいね。

3.スポーツドリンクを活用する

塩分や糖分を含んでいるスポーツドリンクは、普通の水より水分の吸収が良い飲み物です!

そのため、下痢をしてしまった時には、積極的にスポーツドリンクを摂取して、脱水を防ぎましょう。

水分補給時に大切な3つのポイントは、理解することができましたか?

下痢をしてしまっている時は、脱水になりやすい状態と言えます。

そのため、これらのポイントを意識しつつ、むしろ積極的に水分補給をするようにしてくださいね!

下痢対策3.熱中症を疑い、病院を受診する!

夏バテで下痢になってしまった今のあなたの状態は、『熱中症』の状態かもしれません。

  • 下痢が長く続く
  • 下痢がひどい

そんな場合は、まず熱中症を疑ってくださいね。

熱中症は、その症状の程度によって、

  • 軽症
  • 中等症
  • 重症

の3つに区分されます。

下痢は、その中でも『中等症』に分類される症状になるんですね。

中等症の熱中症を発症してしまった時の対処法は、

  1. 熱中症対策を行う
  2. それでも症状が軽快しない場合、病院(内科)へかかる

ことです。

中等症(下痢)を起こしてしまった時にできる対策

1.熱中症対策

まずは、

  • 涼しい場所へ移動する
  • 水分や塩分を補給する
  • 衣服を緩め、楽な姿勢をとる

といった、熱中症対策を行いましょう。

涼しい場所へ移動することで、体にこもった熱を体外に放出することができ、熱中症を軽快させることができます。

水分と塩分を同時に補給するには、スポーツドリンクを飲みましょう。

その際は、一気飲みを避け、少量のスポーツドリンクをこまめに飲むようにしてくださいね。

また、冷たすぎる飲み物は、胃腸に刺激を与え、下痢を起こすことがあります。

胃腸に負担をかけないよう、常温程度に温めたスポーツドリンクを摂取してくださいね。

また、衣服を緩めることで、熱中症によって滞っていた体の血流を促し、熱中症を軽快させることができます。

このように、まずは、熱中症の標準的な対策を行ってみてくださいね。

2.それでも症状が軽快しない場合、病院(内科)へかかる

  • 下痢が一向に治らない場合
  • 下痢がひどく我慢ができない場合

など、どうしても下痢でつらい思いをしている場合は、ためらわず病院へかかり、医師の正しい診察を受けるようにしてください。

熱中症の可能性を疑い、熱中症が重症に発展してしまう前に、病院で適切な処置を受けてくださいね。

このように、

  • 熱中症の可能性を疑う
  • 病院で適切な対策を受ける

ことは、あなたの体を守ることにつながります。

病院は苦手な場所かもしれませんが、あなた自身の健康を守るためにも、病院へ行くことも必要な対策ですよ。

病院は、今のあなたの状態に合わせて適切な処置をしてくれる、安心できる場所です。

下痢や夏バテの症状を我慢をせずに、まずは病院へ通うことも、検討をしてみてくださいね。

『夏バテ時の下痢対策3選!お腹がゴロゴロした時の治し方は?』まとめ

夏バテ時の3つの下痢対策

1.体を冷やしすぎない!

  • エアコンの設定温度は28℃前後にする
  • こまめに衣服などで調節をする
  • 冷たすぎる食べ物や飲み物を摂取しない

2.水分補給を徹底する!

  • こまめに水分を補給する
  • 冷えすぎていない飲み物を飲む
  • スポーツドリンクを活用する

3.熱中症を疑い、病院を受診する!

  • 涼しい場所へ移動する
  • 水分や塩分を補給する
  • 衣服を緩め、楽な姿勢をとる

それでも症状がおさまらない場合、まずは病院(内科)を受診すること!

夏バテ時の3つの下痢対策は、しっかりと理解することができましたか?

下痢をしてしまった時の対策がわかることで、あなたが感じているつらい下痢症状を、少しでも改善させることができるようになりますよ。

まずは、この記事に書いてある対策から、ひとつでも良いので、普段の生活の中で実践をしてみてくださいね。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA