夏バテの意味を知ろう☝「夏に体がバテるから」は間違い…!?

記事内容
  • 夏バテの「一般的な意味
  • 夏バテの「本当の意味
記事を読むとどうなる?
  • 夏バテの意味を、雑学的に知ることができる
  • 夏バテの本当の意味を知ることができる
バテることを「夏バテ」というのは、実は間違い…

夏バテの正式な意味を、サクッとお話しします💡

夏バテの正式な意味

夏バテの正式な意味は、

夏の暑さで体力が落ち、秋口にかけて体調不良になること

を指します☝

つまり「夏バテ」という言葉は、本来、9月~10月頃に使われる言葉ということ💡

6~8月、まだ夏真っ盛りの頃に、

わたし、夏バテになっちゃって……💦

という使い方は、(本当は)間違いなんです…

といっても、

  • 確信犯(悪いことと知りながら実行する犯罪👈間違い!)
  • 失笑(笑えないほど呆れる👈間違い!!)
  • 敷居が高い(格式が高すぎて立ち入れない👈間違い!!!)

こんなふうに「本来間違ってても意味が通じる日本語」、けっこうありますよね

個人的には、相手に意味が伝わればどちらでもいいと思います…😇

よく使われる夏バテの意味

わたしたちがよく使う「夏バテ」についても、補足的にみていきましょう!

わたしたちが普段使う意味としては、

夏の暑さのせいで、いろんな体調不良を起こすこと

ですね💡

日本では、6~7月頃から、本格的な夏がやって来ます

この「蒸し暑さ」と、体が「夏の気候に慣れていない」ことによるが原因で、夏バテにかかってしまいます…

  • 頭痛
  • 吐き気
  • 疲労感
  • 食欲不振

などなど、夏バテの症状はたくさんありすぎて、きちんと定義できないほど…

わたしが持っている「寒暖差アレルギー」も、気温差が原因だったりします

アレルギー性鼻炎でも、平たく言うと夏バテに当てはまっちゃいます

夏バテにかかる仕組み

少し難しくなりますが、夏の暑さで「自律神経」が乱れ、それが原因で起こる体調不良は、すべて夏バテと言うことができます☝

自律神経とは?

体温,臓器など、体内の機能を自動的に働かせたり、整えてくれている神経

  • 心臓を動かす
  • 胃腸を動かす
  • 気温に合わせて体温を調節する

この働きは、すべて自律神経によるもの!

夏バテ(自律神経の乱れ)の原因

夏に自律神経が乱れる(=夏バテにかかる)原因は、

  • 外と室内の気温差(寒暖差)
  • 大量に汗をかき、汗が蒸発して体が急に冷やされること
  • 蒸し暑さで寝苦しく、睡眠不足になること

などなど、こちらもさまざま…💦

夏は「自律神経が乱れやすい季節」でもあり、夏バテの仕組みを知らない人にとっては「原因不明の体調不良になりやすい季節」でもあります…

「夏バテの意味」まとめ

本当の意味と、一般的な意味
  1. 夏バテの(本当の)意味:夏の暑さで体力が落ち、秋になって体調不良を起こすこと
  2. 夏バテの(一般的な)意味:夏の暑さが原因で起こる体調不良すべて
本当は秋に使う言葉」ということだけ、覚えておいていただければOK!

意味が通じれば、本来間違っていてもいいんじゃないかな、と、個人的には思います💡



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA