夏バテ時の「めまい対策」4選!今すぐできるふらつき解消法!

「夏バテでめまいがする…」

「ふらついて危ない…」

夏に体がバテてしまうと、フラフラとしためまいやふらつきを起こすことがありますよね。

特に、急に起こるめまいやふらつきは、とってもつらいものですよね。

私も、夏にたまにめまいが起こってしまう時があり、頭がボーッとして、動けなくなってしまいます。

ですから、あなたの今のつらさや、めまいが起こってしまった時の大変さは、とっても良くわかりますよ。

この記事では、夏バテでめまいがした時の4つの対策について、詳細にわかりやすくお話をしていきます!

  • めまいの対策は?
  • めまいを起こさないようにするには?

など、あなたが今知りたい情報を、わかりやすく記載しています。

この記事を読むことで、めまいの対策がわかり、夏バテによるめまいを治したり、めまいが起こらないようにすることができますよ。

ですから、まずは安心して、この記事に書いてある対策を読み、実践をしてみてくださいね。

夏バテでめまいがした時に効果的な《4つの対策》とは?

夏バテでめまいがしてしまった時の4つの対策として、私は、

  1. 安静にする
  2. 光や音を遮断する
  3. ストレスを解消する
  4. 熱中症対策をする

この4つの対策を、この記事で提案しています!

夏バテで起こるめまいに特化した対策を記載していますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

この中からひとつでもめまい対策を覚えて、あなたのめまい対策として、実践をしていただければと思います!

それでは、さっそく1つ目の対策から、詳しく見ていきましょう!

めまい対策1.まずは安静に!

急にめまいが起こってしまった時は、まずは体を安静にして、めまいが落ち着くのを待ちましょう。

  • できるだけ動かない
  • ネクタイやベルトを緩める
  • あなたが最も楽に感じる姿勢をとる

など、めまいをこれ以上強めないための対策が必要となります。

めまいの途中で動いてしまうと、ふらつきや転倒をしてしまう危険性がありますから、注意をしてくださいね。

また、ネクタイやベルトを緩め、楽な姿勢をとることで、体内の血流が良くなり、めまいの症状が軽快していきますよ。

急なめまいに対しては、まず安静を保つことを、忘れないでくださいね。

めまい対策2.光や音を遮断する!

光や音が、直接脳を刺激することで、めまいがひどくなる場合があります。

もし、光や音が原因でめまいが起こってしまった場合は、

  • 日陰に入る
  • カーテンを閉める
  • テレビやパソコンを消す
  • 目を閉じる

など、あらゆる光や音を遮断して、脳に刺激を与えないようにしてくださいね。

光や音を消して、しばらく安静にすることで、少しずつめまいの症状が軽快していきますよ。

また、めまいの悪化も防ぐことができるため、光や音の遮断は、めまいにとって効果的な方法です。

まぶしい場所にいたり、音がうるさい場所にいる場合は、その場からすぐに離れ、体を安静に保ってみてくださいね。

めまい対策3.ストレスを解消する!

あなたは現在、

  • 仕事
  • 人間関係

など、大きなストレスを抱えてはいませんか?

また、夏バテで食欲がなくなり、イライラしたり眠れないということはありませんか?

こうしたストレスからも、めまいを引き起こすことがあります。

そのため、ストレスの解消が、めまい対策にとっても重要なんですね。

あなたがストレスを感じることによって、交感神経(人間が活発に活動する時に働く神経)が、過活動を起こしてしまいます。

夏バテでイライラしたり、眠れなくなってしまう原因は、この交感神経の活発な活動が原因なんですね。

ストレスによって交感神経が活発に活動すると、体内の血流が悪くなります。

血流が悪くなった結果、夏バテによるめまいを引き起こしやすくなってしまいます。

このようなストレスからくるめまいに対しては、そのストレスを解消してあげることが第一!

あなたが抱えている、

  • 仕事のストレス
  • 人間関係のストレス
  • 夏の暑さなど、環境のストレス

を、できるだけ自分から遠ざけてみてください。

その結果、めまい症状が改善し、めまいが起こりにくくなっていきますよ。

最も簡単に避けることができるのは、環境のストレスですね。

  • 扇風機をかける
  • 冷房を使う
  • 涼しい衣服に着替える

など、まずは環境のストレスから解消をしてみてくださいね。

めまい対策4.熱中症を疑う!

熱中症は、その症状の程度によって、

  • 軽症
  • 中等症
  • 重症

の3つに分類することができます。

めまいは、熱中症の『軽症』に分類される症状のひとつ。

ですから、めまいがした時は、熱中症を疑うということも、決して忘れてはいけませんよ。

さて、セルフチェックで熱中症が疑われた場合にできることは、

  1. 涼しい場所へ移動する
  2. スポーツドリンクを飲み、水分と塩分を補給する
  3. 衣服を緩め、血流を良くする
  4. 体を冷やし、体内にこもった熱を外に逃がす

などの対策が有効です。

単なる夏バテと思わずに、熱中症を疑い、熱中症対策を行うことも、めまいの対処法に有効ですよ。

また、

  • めまいが長く続く
  • めまいの程度がひどい

という時は、ためらわず病院へかかり、医師の正しい診察・診断を受けてくださいね。

「まだ大丈夫。」

と思っていると、いつの間にか、

  • 吐き気
  • 頭痛

などを引き起こしてしまうことがあります。

吐き気や頭痛は、熱中症の中等症の状態です。

中等症まで発展してしまうと、病院へかかり、補液をしてもらうことが必要になってきます。

少しでもつらいと感じたら、無理をせず、最寄りの病院へ駆け込んでくださいね。

決して我慢をせず、自分の体を十分にいたわってあげてくださいね。

めまいがした時は、何科の病院にかかればいい?

めまいは、様々なことが原因で起こる病気です。

そのため、めまいの症状によって、かかる病院が変わります。

  • 耳が聞こえづらい
  • 耳鳴りがする
  • 耳に異常を感じる

といっためまいがする場合は、耳鼻咽喉科を受診しましょう。

また、

  • 気が遠くなる感じがする
  • 浮遊感を感じる

といっためまいを感じる場合は、神経内科脳外科を受診してください。

先ほどもお話をしましたが、

  • めまいが長く続く
  • めまいの程度がひどい

など、強いめまいを長く感じたり、

  • 吐き気
  • 頭痛

など、めまい以外の症状を引き起こしてしまった時は、すぐに病院へかかり、医師の正しい診察を受けてくださいね。

『夏バテでめまいがした時の対策4選!ふらつきをなくすには?』まとめ

この記事のまとめ

夏バテでめまいがした時の4つの対策

  1. 安静にする
  2. 光や音を遮断する
  3. ストレスを解消する
  4. 熱中症対策をする

めまいがした時にかかる病院は?

  • 耳が聞こえづらい
  • 耳鳴りがする
  • 耳に異常を感じる

といっためまいがする場合は、耳鼻咽喉科を受診する。

  • 気が遠くなる感じがする
  • 浮遊感を感じる

といっためまいを感じる場合は、神経内科脳外科を受診する。

夏バテでめまいがしてしまった時の対策について、理解することはできましたか?

これらの対策を覚えておくことで、不意にめまいがしてしまった時でも、すぐにめまいを軽快させることができるようになります。

夏バテによるめまいを、いち早く回復させるためにも、4つの対策は、ぜひ覚えておいてくださいね。

めまいがしてしまった時は、とにかくまずは『安静』が大事です。

楽な姿勢をとり、衣服の締め付けをなくし、めまいの回復を待ちましょう。

また、熱中症を疑い、水分補給を行うなどの対策も、忘れないようにしてくださいね。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA