夏バテの「治し方」3選!自力で治す方法を看護師が紹介!

「吐き気が止まらない…」

「体がだるい…」

「食欲がない…」

あなたは今、そんな夏バテの症状で困ってはいませんか?

夏バテは、放っておくと、熱中症にもなりかねない症状です。

あなたが今感じている、

  • 食欲のなさ
  • 吐き気
  • 体のだるさ

は、一刻も早く治したいものですよね。

私もよく夏バテにかかってしまいますから、あなたの今のつらいお気持ちは、とっても良くわかりますよ。

この記事では、夏バテを自力で治す3つの方法について、わかりやすく解説をしています!

この記事を読むことで、夏バテを、今すぐ自力で治す方法がわかります。

夏バテの治し方がわかれば、今のあなたのつらい症状を、徐々に解消させていくことができますよ。

「夏バテを自力で治したい!」

「けど病院に行くほどじゃなさそう…」

そんなあなたにピッタリの、夏バテ解消法を記載しています!

私が実際に行っている方法も記載していますから、安心して読み進めてみてくださいね。

夏バテを自力で治すための、3つの効果的な方法とは?

今あなたが感じている、つらい夏バテの症状は、

  1. 3食しっかりと食べる
  2. 夏バテに効く水分補給を心掛ける
  3. 良質な睡眠をとる

この3つを駆使して、自力で治してしまいましょう!

最初から、すべてを実践しなくても大丈夫ですよ。

この中からひとつずつでも実践をして、今のつらい夏バテを、少しでも治していってくださいね。

それではさっそく、夏バテの自力での治し方を見ていきましょう!

夏バテの治し方1.3食しっかりと食べる!

夏バテにかかってしまった時でも、朝・昼・夕の3食を、しっかりと食べるようにしましょう。

「そんなこと言われても、食欲がない…」

「食べ物を見ると吐き気がする…」

という時も、実際にはあるかと思います。

しかし、実はここに、夏バテの大きな落とし穴があるのです。

夏バテの意外な落とし穴!?3食しっかり食べるべき理由

夏バテで食事をとらない日が続くと、体力の回復が遅れます。

体力の回復が遅れると、夏バテが長引いてしまいます。

夏バテが長引くと、さらに食事をとらない日が続き、いつまで経っても夏バテが治りません。

食事から夏バテを回復させない限り、いつまで経っても夏バテが治らないという、悪循環が出来上がってしまいます。

このように、食事をとらないことで、夏バテが一向に回復しないという悪循環が生まれてしまうのです。

夏バテを自力で治したい場合、このような悪循環は、絶対に避けなければいけませんね。

「水で満腹にすればいいや。」

「今日もゼリーで済ませよう。」

と、栄養価のない食事を、いつまでも続けていてはいけませんよ。

そのままでは、いつまで経っても、夏バテを自力で解消することができなくなってしまいます。

悪循環から逃れるためには、食事の量自体を減らしても構いませんから、1日3食、しっかりととることが重要です。

吐き気や気持ち悪さを感じない程度に、1日3食、規則正しく食事をとるようにしましょうね。

どんな食事をとればいいの?

夏バテに効く食事・栄養は、

  • ビタミンB1
  • ナイアシン
  • クエン酸

この3つの栄養を摂取することで、夏バテを自力で軽快させていくことができます!

ビタミンB1』は、ブドウ糖をエネルギーに変えてくれる働きがあります。

ビタミンB1が不足すると、疲労物質である乳酸が溜まり、夏バテの原因になってしまいます。

ナイアシン』も、ビタミンB1と同様に、夏バテの疲労を回復してくれる効果を持っています。

クエン酸』は、疲労物質である乳酸を分解し、体外に排出してくれる働きがあり、こちらも夏バテ対策に効果的です。

これら3つの栄養素が含まれている食品は、以下の通りです!

《ビタミンB1》《ナイアシン》《クエン酸》が多く含まれている食品

ビタミンB1

  • 豚ヒレ肉:0.98mg
  • 生ハム(促成):0.92mg
  • 豚もも肉:0.90mg
  • たらこ(焼):0.77mg
  • 焼きのり:0.69mg

※食品100g当たりのビタミンB1の含有量

成人男性推奨量:1.4mg、成人女性推奨量:1.1mg

ナイアシン

  • たらこ(生):49.5mg
  • まぐろ(びんなが):20.7mg
  • 明太子:19.9mg
  • かつお:19.0mg
  • 豚肉(レバー):14.0mg

※食品100g当たりのナイアシンの含有量

成人男性推奨量:15mgNE、成人女子推奨量:11mgNE

クエン酸

  • レモン:6g
  • 梅干し:4g
  • キウイ:1.3g
  • いちご:1.3g
  • みかん:1g

※食品100g当たりのクエン酸の含有量

推奨摂取量:1日2g前後。

疲労が溜まっている人は、1日5g前後。

ビタミンB1は、主に豚肉に多く含まれています。

「脂っこくて食べづらい…」

という場合は、レモンをかけ、サッパリとした味付けをしてみてくださいね。

レモンをかけることで、クエン酸も同時に摂取できますから、非常に相性の良い組み合わせです!

ナイアシンは、魚類に多く含まれている栄養素です。

たらこ・明太子などのつぶつぶした食品や、まぐろ・かつおなどの魚肉を、こちらもサッパリとした味付けで頂きましょう!

クエン酸は、主に果物類に多く含まれています。

食欲がない場合でも、果物なら食べられるという場合は、いちごやみかんなど、簡単に食べられる果物を摂取してみてくださいね。

夏バテにかかってしまった時でも、

  • 豚肉
  • 魚類
  • 果物類

などを、朝・昼・夕の3食、無理のない範囲で食べるようにしてくださいね。

夏バテの治し方2.夏バテに効く水分補給を心掛ける!

あなたは、毎日しっかりと水分を摂取していますか?

食欲がない時でも、水分をとることはできていますか?

夏バテを自力で治すには、こまめな水分補給が欠かせません。

しかし、夏バテ気味である場合、ただ水分を補給すれば良いというわけでもありませんよ。

夏バテを引き起こしてしまっている時は、夏バテに効く水分のとり方を心掛ける必要があるんですね。

ここからは、夏バテに効果的な水分補給の仕方について、解説をしていきますね。

夏バテを治すのに必要な水分補給の仕方は、

  1. 喉が渇く前に水分補給をする!
  2. 温かい飲み物を飲む!
  3. 甘い飲み物はできるだけ避ける!

この3つのポイントが大切です。

さっそく、詳細を見ていきましょう!

1.喉が渇く前に水分補給をする!

人間の体は、

「喉が渇いたなぁ。」

と感じた時には、既に脱水に近い状態になってしまっているんですね。

そのため、喉の渇きを感じる前に、こまめに水分を補給することが大切です。

特に、夏バテにかかってしまっている時こそ、喉の渇きを意識する前に、こまめな水分補給を心掛けましょう。

2.温かい飲み物を飲む!

夏バテにかかってしまった時こそ、温かい飲み物を摂取するようにしましょう!

蒸し暑い夏は、ついつい冷たい飲み物を飲んでしまいがちですよね。

ですが、夏バテにかかっている時は、冷たい飲み物は、むしろ逆効果になってしまうことを、知っていましたか?

冷たい飲み物を飲むことで、体が冷えてしまいます。

体が冷えてしまうと、血流が悪くなり、

  • 栄養を全身に運びづらくなる
  • 酸素を全身に運びづらくなる
  • 老廃物を排出させづらくなる

といったことが起こってしまいます。

このことが原因で、疲労を感じたり、胃腸の働きが悪くなってしまうのです。

ですから、水分を補給する時は、できるだけ温かい飲み物を選び、体を冷やしすぎないようにすることが大切です。

3.甘い飲み物はできるだけ避ける!

ジュースなどの甘い飲み物は、夏バテの際には、できるだけ避けるようにしましょう!

「糖分は疲労回復に良いんじゃないの?」

と思われがちですが、実はここにも、意外な落とし穴があります。

夏バテの意外な落とし穴2!甘い飲み物は夏バテに逆効果!

糖分を多量に摂取してしまうことで、空腹感がなくなってしまいます。

その結果、食事をとることができなくなったり、食欲不振になってしまったりすることがあります。

夏バテを治す基本は『食事』から、ということですね。

先ほどもお話をしましたが、夏バテ時は、3食食べることを基本に、食事から栄養をとることが大切です。

水分のみで満腹になってしまっては、食事をとることができず、夏バテはなかなか回復しません。

ですから、甘い飲み物をできるだけ避けた水分補給が、夏バテ時には必要になるんですね。

さて、夏バテ時に効果的な水分補給の仕方は、理解することができましたか?

  1. 喉が渇く前に水分補給をする!
  2. 温かい飲み物を飲む!
  3. 甘い飲み物はできるだけ避ける!

これら3つのポイントを押さえ、適切な水分補給を心掛けてくださいね!

夏バテの治し方3.良質な睡眠をとる!

夏バテを自力で治すには、良質な睡眠も欠かせません。

睡眠は、体の疲れや異常を治したりリセットをしてくれる、非常に重要な働きです。

その睡眠がうまくとれていないと、なかなか夏バテを治すことはできませんよ。

しかし、蒸し暑い夏は、

「寝苦しい…」

「なかなか寝付けない…」

ということもありますよね。

夏の気候のせいで、良質な睡眠が妨げられることは、とっても嫌ですよね。

そこで、夏の暑さに負けず、良質な睡眠をとるためには、

  1. 冷房や扇風機を活用する
  2. ゴールデンタイムにしっかりと眠る
  3. 睡眠時間を確保する

この3つのポイントに注意をしましょう!

1.冷房や扇風機を活用する!

冷房や扇風機の活用で、寝苦しい夜を、快適な夜に変えてしまいましょう。

冷房や扇風機を活用する際は、

  • 温度設定は28℃
  • 扇風機を体に直接当て続けない(首振り機能を活用する)
  • タイマー設定をする

この3つを、しっかりと守ってくださいね。

《冷房》《扇風機》を使うときの3つの注意点!

1.

温度設定が暑すぎても寒すぎても、安眠を妨げる原因になります。

28℃前後に設定をすれば、夏でも十分に質の良い睡眠をとることができますよ。

2.

扇風機を使用する際は、首振り機能を活用し、直接体に風邪を当て続けないようにしましょう。

直接体に当て続けると、体温が予想以上に奪われてしまい、安眠を妨げてしまいます。

3.

タイマーを設定し、寝ている間中冷房や扇風機が付いていない状態にしましょう。

これも、体温が必要以上に奪われないようにするための工夫のひとつです。

このように、蒸し暑い夏こそ、積極的に冷房や扇風機を利用して、快適に睡眠をとるようにしてくださいね。

2.ゴールデンタイムにしっかりと眠る!

睡眠のゴールデンタイムは、22時~深夜2時の間。

この間は、成長ホルモンが活発に分泌され、夏バテの回復も促すことができる貴重な時間です。

ゴールデンタイムに眠ることで、

  • 体調の回復
  • 免疫力の向上

を促すことができます。

夏バテで体調不良の時こそ、早めに眠りに付き、ゴールデンタイムの睡眠を確保しましょう!

3.睡眠時間を確保する!

夏バテ時は、あなたが、

「よく眠れた!」

と感じる睡眠時間を確保しましょう。

睡眠時間を確保することで、夏バテの回復を促すことができます。

日本人の適正な睡眠時間は、6~8時間と言われています。

ですが、これには個人差もあり、

「6時間で十分!」

という人もいれば、

「8時間寝ないとつらい…」

という人もいます。

このように、適切な睡眠時間は、人によって様々です。

あなたの適切な睡眠時間は、何時間ですか?

適切な睡眠時間は、過去の経験や、あなたが心地よさを感じる睡眠時間を参考にしましょう。

夏バテを自力で回復させるためにも、適切な睡眠時間を確保してくださいね!

自力で治せないほど夏バテがつらい時はどうする?

「どうしても夏バテがつらい!」

「自力で治すのが難しいかも…」

と感じた時は、ためらわずに、病院で診察を受けるようにしましょう。

最初にお話をしましたが、夏バテは、熱中症にも発展しかねない、危険な状態とも言えます。

「夏バテだと思っていたら、実は熱中症の初期状態だった。」

ということもあり得ることです。

実際に病院にも、そのような理由から運ばれてくる患者さんは、何人もいます。

熱中症は、放っておくと、中等症・重症へと発展していってしまい、最悪の場合、命にも関わります。

「自力で治したい!」

というあなたのお気持ちも、十分にわかります。

しかし、決して無理をせず、必要な時には病院のお世話になることも、大切なことですよ。

自分の体のことは、自分にしかわかりません。

ちょっとでも、

「しんどいな…」

と感じたら、病院へ行くことも検討をしてくださいね。

『夏バテの治し方3選!自力でだるさ解消する簡単な方法とは?』まとめ

夏バテの3つの治し方

1.3食しっかりと食べる

  • ビタミンB1
  • ナイアシン
  • クエン酸

を、しっかりと摂取する!

2.夏バテに効く水分補給を心掛ける

  • 喉が渇く前に水分補給をする!
  • 温かい飲み物を飲む!
  • 甘い飲み物はできるだけ避ける!

3.良質な睡眠をとる

  • 冷房や扇風機を活用する!
  • ゴールデンタイムにしっかりと眠る!
  • 睡眠時間を確保する!

夏バテの自力での治し方は、しっかりと知ることができましたか?

夏バテの治し方がわかれば、今のつらい症状を、自力で治していくことができるようになります。

ぜひ、この記事に書いてある夏バテの治し方をしっかりと押さえて、普段の生活に取り入れてみてくださいね。

まずは、どんなメニューでも良いので、3食欠かさずに食べてみてください。

吐き気や食欲がない時は、無理をしなくて大丈夫ですよ。

食べられそうなものを、まずは少しでも食べてみてくださいね。

決して無理をせず、できるところから、自力での夏バテの治し方を実践していってくださいね。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA