夏バテで「食欲不振」が続く原因3つを看護師が解説!

「何も食べる気が起きない…」

「ホントはおいしくご飯を食べたいのに…」

夏バテにかかってしまうと、このように、どうしても食欲がなくなってしまうことってありますよね。

私も、夏はいつも食欲が低下し、時にはほとんど何も食べないで1日を乗り切ることもあるくらいです。

それほどに、夏バテによる食欲不振は、私の悩みでもあります。

食欲の低下は、

  • 栄養の不足
  • 体力の低下

にもつながってしまいます。

そのため、この蒸し暑い夏を乗り切るには、食欲を再び取り戻すことが必須と言えます!

そこでこの記事では、夏バテで食欲不振が続く原因について、詳しく解説をしていきます!

この記事を読むことで、夏バテで食欲がなくなる原因を、わかりやすく知ることができます。

食欲減退の原因がわかれば、

  • 食欲を取り戻したい!
  • ご飯をおいしく食べられるようになりたい!

そんな願いも、すぐに叶うようになりますよ!

原因がわかることで、それに対する対策も明らかになるため、食欲を回復させるのがより早くなるんですね。

さっそくこの記事から、夏バテで食欲が低下してしまう原因について、詳しく知っていきましょう!

夏バテで食欲不振が続く《3つの原因》とは?

夏バテで食欲不振が続く原因は、

  1. 胃腸の調子が悪くなる
  2. 自律神経が乱れている
  3. 夏はそもそもエネルギーを消費しにくい

この3つ!

この3つが原因で、あなたの食欲は低下してしまっていると考えられます。

最近、胃腸の調子の悪さを感じてはいませんか?

冷房のきいた部屋に長時間いたことはありませんか?

ドキッとしたあなたは、これらの原因によって、食欲不振になってしまっているかもしれませんよ。

さっそく、食欲不振の原因について、詳しく見ていきましょう!

食欲不振の原因1.胃腸の調子が悪くなる!

あなたは、夏バテによる下痢を引き起こしてはいませんか?

お腹がゴロゴロとして、食べ物を受け付なさそうな感じがしていませんか?

夏バテにかかってしまうと、胃腸の調子が悪くなってしまうんですね。

その結果、食欲がなくなり、ご飯を食べられない状態が続いてしまうことがあります。

【ちょこっと解説】夏バテで胃腸の調子が悪くなってしまう原因とは?

夏バテにかかってしまうと、交感神経(人間が活発に活動する時に働く神経)が、過剰に反応をしてしまいます。

交感神経が過剰に反応すると、胃や腸に様々な影響を及ぼすようになってしまいます。

交感神経が過剰に反応することによって、胃腸の血管が収縮し、胃腸に届く血流量が減ります。

その結果、

  • 胃腸の動きの低下
  • 胃酸・胃粘液の分泌の減少

などが起こり、

  • 下痢
  • 胃もたれ
  • 食欲不振

などの症状を引き起こしてしまいます。

このように、あなたのつらい食欲不振の原因のひとつは、胃腸の働きの低下によるものが考えられます。

  • 最近下痢っぽい
  • 胃がもたれる感じがする
  • お腹の調子がどうも良くない

と感じている場合、胃腸の調子を整えることが必要になります。

  • 市販の整腸剤を服用する
  • 冷たいものを食べたり飲んだりしない
  • 消化に良い食事を少量ずつ食べる

など、胃腸に刺激を与えないよう、食事から栄養を取り入れ、夏バテを回復させていってくださいね。

食欲不振の原因2.自律神経が乱れている!

自律神経の乱れによって、空腹感が起こらなくなってしまうことがあります。

あなたは、冷房を強くかけて生活をしていませんか?

暑いところと涼しいところを、頻繁に行ったり来たりしていませんか?

ドキッとしたあなたは、要注意!

このことが原因で、食欲が低下してしまっていると考えられます。

なぜ、冷房が原因で食欲が低下してしまうのか?

その理由を、簡単に説明していきますね。

【ちょこっと解説】夏の冷房が原因で食欲不振になってしまう原因とは?

夏に涼しいところに長時間いたり、暑いところと涼しいところを行ったり来たりしていると、体温調節機能が狂ってしまいます。

普段は正常に働いているはずの体温調節機能が狂ってしまうと、『自律神経失調症』と呼ばれる状態になり、

  • 食欲不振
  • 疲労感
  • 疲れが取れない

などの症状を引き起こしてしまうことがあるんですね。

『自律神経失調症』とは、ストレスや生活習慣の乱れによって、体や心に様々な不調を引き起こす症状のことを言います。

夏は、基本的に暑いものですよね。

しかし、冷房がかかっていることで、体温調節を行う自律神経が、

「あれ?涼しいぞ?」

と、疑問に感じてしまいます。

その結果、

「暑いのか寒いのかわからない!」

という状態になってしまい、体温調節機能が乱れ、自律神経失調症が引き起こされてしまうんですね。

そして、食欲が少しずつなくなっていき、食欲不振の状態になってしまうんですね。

もし冷房が原因だと感じたら、

  • 冷房の温度設定を28℃前後にする
  • 夏でも羽織れる衣服を1枚持っておく

など、冷房対策を行い、夏バテによる食欲不振を回復させましょう!

食欲不振の原因3.夏はそもそも、エネルギーを消費しにくい!

蒸し暑い夏は、汗をかき、エネルギーやカロリーをたくさん使っている感じがしますよね。

しかし夏は、実はあなたが思っているよりも、カロリーやエネルギーを消費しない時期なんですね。

カロリーやエネルギーを消費しないということは、それだけご飯を食べなくても良い状態が続くということ。

つまり、食欲がいつもより起こらなくなるのも、ある意味で当たり前のことなんですね。

逆に冬は、寒い体を温めようと、体はたくさんのエネルギーを使います。

あなたも、冬に食欲が増す経験をしたことはありませんか?

冬は自然とエネルギーをたくさん消費する時期であることから、食欲が増すことも、ごく普通のことなんですね。

このことから、夏バテでなくても、夏は自然と食欲が低下する時期でもあります。

ですから、あまり過度に心配をする必要はありませんよ。

夏の暑い時期が過ぎれば、自然と食欲も戻っていきますよ。

『夏バテで食欲不振が続く3つの原因とは?わかりやすく解説!』まとめ

夏バテで食欲不振が続く3つの原因
  1. 胃腸の調子が悪くなる
  2. 自律神経が乱れている
  3. 夏はそもそもエネルギーを消費しにくい

夏バテで食欲不振を引き起こしてしまう原因について、詳しく知ることができましたか?

夏バテによって、

  • 胃腸の調子が悪くなること
  • 冷房により自律神経が乱れること

によって、食欲が低下してしまうことがあります。

また、夏はそもそもエネルギーを消費しにくく、食欲が湧かない時期であるということも、覚えておいてくださいね。

食欲不振の原因がわかれば、夏バテを自力で解消することもできるようになりますよ!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA