夏バテ頭痛の「治し方」を元看護師が解説!市販薬も効かない時はコレ!

「頭が痛い…」

「夏の暑さにやられたかも…」

夏バテで起こる頭痛は、とってもつらいですよね。

頭痛だけでなく、吐き気やめまいなどが同時に起こることもあり、夏バテは、

「どこをどう治していいのかわからない!」

そんな症状でもありますよね。

私も暑い夏には、よく夏バテにかかってしまうことがあります。

  • 食欲がなくなる
  • 気力が低下する
  • 頭痛や吐き気に悩まされる

など、夏場は毎年、なんとかして乗り越えなければと、常に思っています。

あなたも、今感じているつらい頭痛は、今すぐにでも治したいですよね。

この記事では、夏バテで起こる頭痛の唯一の治し方を解説しています!

この記事を読むことで、夏バテで起こってしまった頭痛を治す方法を知ることができます。

頭痛を解消する方法がわかれば、

  • あなたが感じているつらい頭痛を、少しでも和らげることができる
  • 蒸し暑い夏を、夏バテを再び起こすことなく乗り切ることができる

など、夏バテ知らずで、この夏を健康に乗り切ることができるようになりますよ。

今感じているつらい頭痛を一刻も早く治すために、この記事から、夏バテ時の頭痛の治し方を見ていきましょう!

夏バテによる頭痛の治し方は、コレしかない!?

あなたが頭痛を感じているその状態は、もしかすると『熱中症』の可能性があります。

熱中症は、その程度によって、

  • 軽症
  • 中等症
  • 重症

の3つの程度に分けられます。

頭痛は、『中等症』に分類される症状です。

そのため、水分補給や休息をとっても症状が改善しない場合は、病院(内科)で診察を受けることが重要です。

以下に、熱中症の重症度を、症状別に分類したまとめを作成しました!

あなたの今の症状と照らし合わせて、あなたの今の状態がどのレベルに分類されるのかを、客観的に見てみてくださいね。

熱中症の《重症度分類》

Ⅰ度(軽症)

  • 目の前が暗くなる
  • 気持ち悪くなる
  • 手足がしびれる
  • 手足がけいれんする
  • 血圧が低下する
  • 顔や皮膚が青白くなる

Ⅱ度(中等症)

  • 頭痛がする
  • 吐き気がする
  • めまいがする
  • 下痢を起こす
  • 大量に発汗する
  • 強い疲労感を感じる

Ⅲ度(重症)

  • 深部体温の上昇
  • 意識がもうろうとする
  • 意識が喪失する
  • 肝臓機能の障害
  • 腎臓機能の障害
  • 血液の凝固障害

繰り返しますが、頭痛がしている場合、熱中症の『中等症』である可能性を、まずは疑ってくださいね。

中等症の場合は、

  • 涼しい場所へ移動する
  • 水分や塩分を補給する
  • 衣服の締め付けを緩める
  • 体を冷やす

などの対策を行い、熱中症の回復を待ちましょう。

そして、症状が一向に回復しない場合は、すぐに病院を受診し、医師による正しい診察・処置を受けてくださいね。

ここでの頭痛の治し方のポイントは、

  • 熱中症の可能性を疑う
  • 熱中症の対策を行う
  • 病院で診察してもらう

この3つが、とても大切です!

これ以上、頭痛や熱中症を悪化させないためにも、ためらわず、まずは病院へかかるようにしてくださいね。

夏バテに、市販の頭痛薬は効かないの?

市販されている頭痛薬だと、

  • ロキソニン
  • バファリン

などが思い浮かびますよね。

しかし、夏バテによる頭痛を薬で抑えようと思っても、根本的な治療にはなりません。

市販薬を使ったとしても、薬の効果が切れた頃には、再びズキズキと頭が痛んでしまいます。

夏バテによるそもそもの頭痛の原因は、

  • 脱水
  • 栄養不足
  • 自律神経の乱れ

などが挙げられます。

そのため、これらを解消しない限り、夏バテによる頭痛は、一向に解消されていかないんですね。

夏バテによる頭痛を治すには、『脱水』『栄養不足』『自律神経の乱れ』を、それぞれ解消してあげる必要があります!

《脱水》《栄養不足》《自律神経の乱れ》を解消するには?

脱水

脱水状態を解消するには、こまめな水分補給が必要です。

一気に水分を摂取するのではなく、少しずつ、喉が渇く前に、こまめに水分を補給しましょう。

一気に水分を飲んでしまうと、夏の暑さでただでさえ弱っている胃腸に、さらなる負担をかけてしまいます。

また、冷えすぎた水分ではなく、適度に温まった水分を補給しましょう。

これも、胃腸に負担をかけず、夏バテを悪化させないために大切なことですよ。

栄養不足

栄養不足を解消するには、1日3食、何かしらの食事を食べることを心掛けましょう。

頭痛とともに吐き気がして、食欲がない場合でも、

  • 果物ゼリー
  • ウィダーinゼリー
  • サッパリしたもの

などを体に入れ、食べ物から少しでも栄養・エネルギーを補給してくださいね。

自律神経の乱れ

自律神経とは、自分ではコントロールできない、

  • 体温調節
  • 胃腸の動き

などを自動でコントロールしている神経のこと。

この自律神経は、蒸し暑い屋外と、冷房が効いた室内の『温度差』によって乱れてしまいます。

温度差が激しいと、体温を調節する自律神経が上手く働かず、夏バテの症状を引き起こしてしまいます。

そのため、

  • エアコンの設定温度を28℃前後にする
  • 1枚羽織れる衣服を用意する

など、できるだけ温度差を感じないようにする工夫が必要となります。

  • 脱水
  • 栄養不足
  • 自律神経の乱れ

を解消する方法について、理解することができたでしょうか?

これらを解消させていくことで、夏バテによる頭痛も、少しずつおさまっていきますよ。

  • 夏バテによる頭痛を治すには、夏バテを根本的に治す必要がある
  • 夏バテを解消することで、頭痛が少しずつおさまっていく

このことを、ぜひ覚えておいてくださいね!

『夏バテによる頭痛の唯一の治し方!その症状は危険なサイン!?』まとめ

2つのまとめ

1.頭痛がする場合、まず熱中症を疑う!

  • 熱中症の可能性を疑う
  • 熱中症の対策を行う
  • 病院で診察してもらう

2.市販の頭痛薬は、根本的な解決にはならない!

  • 脱水
  • 栄養不足
  • 自律神経の乱れ

を解消することで、夏バテそのものを治していく必要がある!

夏バテによる頭痛の治し方について、詳しく知ることはできましたか?

夏バテで頭痛がする場合は、まず熱中症を疑ってくださいね。

そして、その状態をこれ以上悪化させないためにも、ためらわず病院へかかることが、夏バテの頭痛の唯一の治し方と言えます!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA