後悔しない人間関係の断捨離方法《2パターン》!「友達を大切にしたい」と思う人には効果抜群じゃない?

ABOUTこの記事を書いた人▼

元看護師、今はパソコンでいろいろする人▼《読んだあとに1つ賢くなれる》そんな情報を、見やすさと分かりやすさを心がけて書いています▼《健康》や《映画》に関する記事が多め▼
スポンサーリンク




今回のテーマは、人間関係を断舎離するには?

断捨離は、人間関係にも適応することができるのでしょうか?

自分の話で恐縮ですが、実際に私は、友達がほとんどいません。

いえいえ、Facebookで繋がっている友達はたくさんいます。

それよりも何よりも、現在付き合いを続けている人があまりいないのです。

これは、

「よし、人間関係を断捨離しよう!」

と決めてやったわけではなく、自然とこうなってしまいました。

いえいえ、悪いことをしたとか、迷惑をかけたことはありませんよ(多分)。

Twitterを辞め、LINEの友達をほぼ非表示にして、無理な付き合いを辞めたところ、自然と友達が少なくなっちゃいました。

でも、むしろこれでいいんだと思っています。

後悔は一切ありません。

今回は、そんな私の、人間関係の断捨離術をご紹介したいと思います。

これから人間関係を整理したいとお思いの方、必見です!

そもそも断捨離って、物を捨てることじゃなかったっけ?

断捨離』と聞くと、ほとんどの方が『物を捨てる』ことを想像するかと思います。

しかし断捨離は、物を捨てるだけにとどまりません。

断捨離とは、自分にとって不要な物を減らし、生活に調和をもたらそうとする思想のこと。

実は断捨離とは、『思想』ベースのものだったんですね。

自分にとって不要な物とは、決して物質的なものだけにとどまらないと私は考えています。

つまり、

  • 人間関係
  • お金
  • 時間
  • 恋愛
  • 人生

断捨離は、万物あらゆるものすべてに適応できる考え方だと思っています。

すなわち、人間関係にも断捨離は適応できます

むしろ、人間関係の断捨離は、他のものと比べても、断捨離をやりやすい部類に入ります。

人間関係は、自分にとって『』『不要』がわかりやすいもの。

「この人は今も付き合いがあるから、大事な人」

「この人、いつ知り合ったっけ?自分にとってはどうでもいい人」

など、自分にとって必要であり、大切であり、重要な存在であるかどうかがわかりやすいのです。


スポンサーリンク

人間関係の断捨離って、相手に失礼じゃない?

物の断捨離はできても、人間関係の断捨離はできない、あるいはしづらいという方も少なくありません。

その理由は、

  • 相手に対して失礼だと思うから
  • 相手に対して申し訳ないと思うから
  • 相手のことを可哀想だと思うから

などなど。

優しく思いやりのある方や、正義感の強い方などが、こう思われてしまうようです。

しかし、私の考えは違います。

人間関係を断舎離することで、

今関わりのある人を、より大切に思う

ことができます。

私はどうも、大人数という環境・状況が苦手。

  • 大人数の飲み会
  • グループでのお出かけ、旅行
  • 小学校、中学校などの同窓会

全部、苦手…。

むしろ、1対1のほうが、好き。

1対1でいる時間は、その相手に全力を傾けられるからです。

その相手を一番に思うことができるからです。

また私は、会う人会う人を、皆平等に大切に思ってしまいます。

良い面でもあると思うんですが、こんなことを続けていたら、

「いつか自分の容量がパンクしてしまう…」

と思いました。

マザー・テレサでもない限り、人が他人を大切にできる人数には、限界があると思っています。

その限界を、私は簡単にオーバーしてしまいそうだったのです。

だからこそ、人間関係を断捨離し、自分にとって本当に大切な人を見極めることにしました。

ですから、決して相手にとって失礼だとは思っていません。

むしろ、相手を本当に大切に思うための手段のひとつだと、私は感じています。

断捨離の意味から、人間関係を断捨離することを考えてみる

断捨離という言葉が持つ、それぞれの意味をご存知でしょうか?

実は、『』『』『』には、それぞれ意味があります。

断:入ってくるいらない物を断つ

』とは、『自分に入ってくる不要なものを断つ』という意味があります。

断捨離とは、単に物を捨て去ることではないんですね。

そして、この『』がしっかりできていないと、不要なものが次々と入ってきます。

そのため、いつまで経っても、物を捨て続けるという、負の連鎖的な生活が続きます。

人間関係においても、それは同じです。

あなたは、この先関わりがあるかもわからない人と必死で繋がろうとしていませんか?

FacebookやLINE、Twitterで、ただなんとなく繋がろうとしてはいませんか?

自分に入ってくる『不要な人間関係』を断たなければ、いつまで経っても、人間関係に調和はもたらせません。

捨:不要なものを捨てる

これが、あなたがイメージしている断捨離の方法ではないでしょうか。

世間的にも、物を『捨てる』こと自体が、断捨離のすべてだと思われているようです。

』とは、『自分にとって不要なものを捨てる』という意味があります。

断捨離の、基礎基本となる部分ですね。

自分にとって不要なものを捨てることで、だんだんと生活に調和がもたらされてきます。

自分にとって、『』『不要』なものを見極めやすくなるからです。

これを人間関係に当てはめても、同じことが言えます。

人間関係における『』とは、例えば、

  • 惰性で続けているSNSを辞める
  • あまり馴染めていないグループから抜ける
  • LINEやFacebookの友達を整理する

などが挙げられます。

このように人間関係も、自分から捨てたり、整理することができます。

人間関係を断舎離することで、心に余裕ができ、調和がもたらされます。

離:ものへの執着から離れる

断捨離の『』には、より思想的な部分が含まれています。

』には、『不要なものへの執着から離れる』という意味があります。

ものへの執着から離れることで、『』『』も、より成功しやすくなります。

人間関係に当てはめた場合、不要な人間関係への執着から離れるということになります。

いつまでも過去の人を大切に思ったり、自分にとって益のない人との人間関係をダラダラと続けてしまっていたり…。

そういった人間関係を断ち、捨てるという思想が持てること。

これが、人間関係における『』の役割です。

人間関係を断捨離するための、具体的な2つの方法

人間関係を断捨離するためには、具体的に何をすれば良いのでしょうか?

私が実際に実践した方法や、様々なミニマリストの方が実践されてきた方法などをご紹介します!

1.『SNS』を辞める

人間関係を断捨離するために最も手っ取り早い方法は、『SNSに執着するのをやめる』こと。

  • ただ繋がっているだけの人間関係
  • ダラダラと続く人間関係
  • 好きな人も嫌いな人も入り乱れるゴチャゴチャした人間関係

これが、SNSの良い面でもあり、悪い面でもあります。

ここでは、悪い面として取り上げます…。

私はまず、Twitterを辞めました。

学生時代は、それこそTwitter厨で、ずっとTwitterに張り付いていました。

先輩・同輩・後輩のつぶやきをただただ見たり、いいね!が押されるようなツイートを必死で考えたり…。

でもある時、

「そんなことをして何になるんだ…」

と、悟りでも開いたような気持ちになってしまいました。

むしろ、

  • 自分にとって悪いことが書かれていたらストレスになる
  • いいね!が押されなかったらストレスになる

当時の私の状態は、こんな感じでした。

「Twitterは、自分にとってただのストレッサーだ…」

と思った時、自然とTwitterにはログインしなくなりました。

すると不思議なことに、Twitterを辞める生活を続けただけで、心がとっても楽になりました。

  • 他人のことを気にしなくてもいい
  • 他人から気にされる必要もない
  • 他人と関わらなくても生きていける

そう感じました。

その後、200人くらいいたLINEの友達も、今関わっている人を除き、ほとんど非表示に。

人間関係の断捨離はどんどん拍車がかかり、ついに友達がほとんどいなくなりました。笑

いえ、今でも学生時代の先輩・後輩・同輩に会えば、仲良くしてくれます。

ですが、自分から積極的に関わる必要って、ないんだなと思います。

もちろん、SNSには良い面もあります。

自分で自制できている方、人間関係を持っていたい方には、SNSを辞めることはおすすめしません。

もしあなたが、SNSを惰性でダラダラ続けているのなら、いっそ辞めてみてはいかがでしょうか?

2.『いい人』を辞める

随分とバッサリですが、『いい人』を辞めることで、人間関係はグッと楽になります。

いい人というのは、

  • 誰にでも愛想よく振る舞える人、振る舞ってしまう人
  • 嫌な誘いでも絶対に断らない人
  • 人間関係を良好に保とうと、自分を押し殺してしまう人

などが当てはまります。

あなたはどうでしょうか?

私は、SNSによる人間関係の断捨離とともに、この『いい人』も辞めてしまいました。

それまでは、いわゆる『いい人』を演じていました。

いい人を演じ続けることは、人間関係の断捨離には繋がりません

会う人全員と良好な関係を保とうとするが故に、嫌な人との人間関係を切れなかったり、嫌な誘いを断れなかったりするためです。

このような人間関係は、本当にあなたのためになっているでしょうか?

このような人間関係は、本当にあなたが望んでいるものでしょうか?

望んでいるものと違うのであれば、人間関係を断捨離する前に、まず『いい人』を辞めてみることをおすすめします。

実際、あなたは周りからそれほど注目されていません。

私も実際に、ほとんど注目されていませんでした。笑

パタッとSNSを辞めても、嫌な誘いを断り続けても、気にする人はいません。

今まで惰性で付き合っていた人たちから、その後連絡が来ることはありませんでしたから。笑

惰性で付き合うくらいなら、断つ。

その分、自分にとって大切な人に思いを傾けましょう。

それが、本当の意味での『いい人』なんだと思います。

あなたの人間関係の断捨離が、少しでも進むように祈っております。

『人間関係を断捨離するには?人間関係の断舎離に必須な4つの知恵』まとめ

4つのまとめ
  1. 断捨離は、人間関係にも適応できる!
  2. 断捨離は失礼なことじゃない。むしろ相手を大切に思うための手段のひとつ
  3. 人間関係を断捨離することの意味
  4. 人間関係を断舎離するための、具体的な方法2つ

人間関係を断捨離するための4つの知恵についてお話をしてきました!

人間関係の断捨離は、おそらく最初は勇気が要ることだと思います。

特に、今までいい人であった方には、酷なことかもしれません。

しかし、今の人間関係に辛さや息苦しさを感じているのであれば、これをきっかけに、人間関係の断捨離を少しずつでも行ってみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA