二礼二拍手一礼の「正しいやり方」を解説!より正確に、より美しく!



この記事に書いてあること
角度や姿勢にも気を遣った《正確な二礼二拍手一礼》について!
この記事を読むとどうなる?
初詣や神社巡りで、より美しい参拝をすることができる!

参拝の所作がしっかりしている人を見ると、とってもかっこよく美しく、惚れ惚れさえしてしまいますよね…!

参拝時の拝礼を、より正確に、より美しく!

この記事では、より正確な《拝礼(二礼二拍手一礼)のやり方・手順》について、詳しくお話をしていきます

より丁寧な拝礼のために…

二礼二拍手一礼の前に軽く《会釈》をすると、より丁寧な拝礼になります

この神職の作法にならった会釈を、「揖(ゆう)」といいます

最初の《二礼》

《二礼》の正しい手順
  1. 拝殿前にまっすぐ立つ
  2. 腰を90度折り、頭を下げ礼をする
  3. これを、もう一度行う
参道で正中(真ん中)を歩くのはよろしくありませんが、拝殿の前ではどこに立っても大丈夫です!

柏手(かしわで)を打つ《二拍手》

《二拍手》の正しい手順
  1. 両手を胸の高さに揃える
  2. 右手を少し引き、2回手を打つ
  3. その後、胸の前で手を合わせて祈る

2.右手を引く》というところが、あまり知られていないポイントかと思います

両手で打ち合うのではなく、右手を動かすことを意識しましょう!

最後の《一礼》

《一礼》の正しい手順
  1. 柏手を打った手を下ろす
  2. 最初の二礼と同じように一礼する

神様にお願いごとをする際は、このタイミングで行うのが適切です!

お願いごとや礼をする時間については、深くお辞儀ができ、それでいて周りの方に迷惑をかけない程度にしましょう

特に初詣などでは、参拝客で大混雑になっているはずですから…

《二礼二拍手一礼のやり方について》まとめ!

この記事に書いた大事なポイント
  1. 礼は腰を「90度」に折る
  2. 柏手を打つときは、右手を軽く引く
  3. 神様にお願いごとや対話をするときは、最後の一礼で行う

より整った拝礼ができると、新年を気持ちいい気分で迎えることができる気がします

周りの人からも美しく見えるため、正しい作法を覚えておいて損はありませんね!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA