新入社員のうつは「甘え」なのか?答えは「NO」です。

「私の今の状態は、うつ病なのか…?」

「それとも、単なる甘えなのか…?」

あなたは今、この解決しがたい、非常に難しい問題に悩んではいませんか?

時には、今の心の状態がつらすぎて、

「このまま消えてしまいたい…」

とさえ思うこともありますよね。

私も、新人看護師時代に、うつの症状に悩まされ続けてきました。

  • 仕事のことを考えるだけで、吐き気が止まらない
  • 眠れなくなったり、食事がとれなくなる
  • 休日も思うように過ごせず、24時間ずっと落ち込んでいる

このような症状が続きながらも、なんとか仕事をこなしていました。

しかし、最終的には、軽度の『うつ病』と診断され、退職をしてしまいました。

私の場合は、『うつ病』と医師に診断されたからこそ、

「自分はうつ病だったんだ。」

と、気付くことができました。

しかし、今のあなたは、自分がうつ病なのか、単なる甘えなのかがわからず、苦しんでいる状態ですよね。

私にも、一時期、そのような心の葛藤がありました。

ですから、今のあなたのお気持ちは、とても良くわかります。

この記事では、新入社員の頃に起こるうつ状態が、うつ病なのか甘えなのかについて、考察・解説をしています。

この記事を読み進めることで、あなたの今の状態が、

  • うつ病なのか
  • 甘えなのか

を、客観的に知る、大きなきっかけが見つかります。

うつ病なのか甘えなのかがわかれば、今の落ち込んだ心の状態を改善することもできますよ。

この記事では、中傷的な言葉は一切使わず、私の経験をもとに、あなたの状態がうつ病か甘えかを、わかりやすく考察・解説していきます。

ですから、安心して、記事を読み進めてみてくださいね。

新入社員に起こるうつ状態は、病気なのか、甘えなのか?

あなたの、今のつらい心の状態は、れっきとした病気なのでしょうか?

それとも、うつ病を心配しすぎているだけの、単なる甘えなのでしょうか?

「一体どっちなのか、ハッキリしたい!」

というのが、あなたの本音ではないでしょうか?

あなたがうつ病かどうかを簡単に調べるためには、まず最初に、うつ病の診断を実際に行ってみることが必要です。

まずは、今のあなたの状態を、うつ病の診断に当てはめてみましょう。

当てはまる項目が多いほど、あなたは今現在、うつの傾向が強く現れていると言えます。

「多く当てはまっていたらどうしよう…」

と、過度に心配をする必要はありませんよ。

まずは、今のあなたの状態を、客観的に診断してみることが重要です。

下に、全10項目の、1分で簡単に診断できる項目を作成しました。

まずは気軽な気持ちで、リラックスして挑戦してみてくださいね。

1分でできる《うつ病セルフチェック》10項目
  1. 仕事に熱心に打ち込むほうである。
  2. 責任感が強く、問題があると自分のせいだと考える。
  3. 問題が起きても、自分一人で何とかしなければと思う。
  4. 真面目な性格である、またはよく真面目だと言われる。
  5. いつも礼儀正しく、しっかりしていなければと思う。
  6. 周りへの配慮を常に心掛け、周りから優しい性格だと言われる。
  7. 以前より、食欲が無くなっていることを自覚している。
  8. 以前より、眠れなかったり寝付きが悪いことを自覚している。
  9. うつ状態になると、常に疲労を感じる。
  10. 自分がうつ状態であることを隠そうとする。

※これら症状が2週間以上続いている場合、うつ病の可能性がある。

あなたは、いくつの項目が当てはまりましたか?

医師から軽度のうつ病と診断された私は、現在、5つの項目が該当しています。

上記の10項目は、うつ病に特徴的な症状です。

この項目に当てはまっているほど、あなたはうつの傾向が強いと言えます。

こちらは、あくまでも簡単な診断項目ですので、

「多く当てはまったから、私はうつ病なんだ…」

と、心配をし過ぎないようにしてくださいね。

また、上記に該当しなかった人も、通常のうつ病とは異なる、『新型うつ病』の特徴には、該当するかもしれません。

新型うつ病とは、別名を『非定型うつ病』とも呼ぶ、通常のうつ病とはまったく異なる症状を持つ、近年注目されているうつ病です。

新入社員のうつ状態は、この新型うつ病に近いとされています。

そして、この新型うつ病こそ、あなたが、

  • うつ病なのか?
  • 甘えなのか?

を、非常にわかりにくくしている原因とも言えます。

この、うつ病なのか甘えなのかをわかりにくくしている『新型うつ病』について、これから詳しく説明をしていきますね。

新入社員に多い、一見甘えにも見える『新型うつ病』とは?

新型うつ病とは、通常のうつ病とは症状やタイプが異なる、新しい種類のうつ病のこと。

特に、あなたのような新入社員に多く見られるのは、この新型うつ病とされています。

新型うつ病は、れっきとした『うつ病』なのですが、その症状が『甘え』にも似ているため、うつ病か甘えかの判断を、非常に難しくしています。

下に、新型うつ病の症状をまとめてみました。

先ほどのうつ病診断のように、こちらも、あなたの現在の状態にいくつ当てはまるか、まずは気軽な気持ちで挑戦してみてくださいね。

新入社員に多い《新型うつ病》の症状7項目
  1. うつであることを、周りの人に隠さず公言する。
  2. うつになった原因を、仕事や人間関係など、周りのせいにしがちである。
  3. 責任から、つい逃れようとしてしまう。
  4. 以前より、食事の量が増えた。
  5. 以前より、眠りすぎなくらいよく眠るようになった。
  6. 仕事など自分の嫌なことをする時には症状が現れ、自分の好きなことをしている時には症状が現れない。
  7. 気分の波が大きく、浮き沈みが激しい。

こちらが、新型うつ病の代表的な症状です。

あなたは、これらのうち、いくつの項目が当てはまりましたか?

当てはまる項目数が多いほど、あなたの今の状態は、新型うつ病にかかりやすい状態であると考えられます。

私の場合、この7つの項目のうち、現在、4つの項目が当てはまります。

私のように、

「うつ病と新型うつ病の、どちらとも当てはまる。」

という場合も、もしかしたらあるかもしれません。

それくらい、うつ病や新型うつ病の診断はあいまいで、甘えとの区別も付きづらいものということなんですね。

新型うつ病が、甘えと勘違いされやすいポイントがある?

新型うつ病が甘えと勘違いされやすいのは、

  1. うつであることを、周りの人に隠さず公言する。
  2. 仕事など自分の嫌なことをする時には症状が現れ、自分の好きなことをしている時には症状が現れない。

この2つの症状が関係しています。

新型うつ病は、れっきとした病気です。

本人は、周りの人の見えないところで、とってもつらい思いをしています。

しかし、この2つの症状が現れてしまうことで、

「うつ病って言ってるわりには、かなり元気じゃん。」

と、周りから、うつ病であることを疑われてしまうんですね。

医師の診断がもらえる確かな病気なのに、その病気の存在自体を疑われてしまう。

これは、本当につらいことですよね。

医師からうつ病と診断された私でも、たまに自分が本当にうつ病なのか、わからなくなることがあります。

気分の良い時や好きなことができている時は、普通の人以上に元気が出たりしますからね。

しかし、新型うつ病は、甘えに似ているとはいえ、れっきとした病気です。

このことを、しっかりと覚えておいてくださいね。

一方、新型うつ病を自称する、『なんちゃってうつ病』の存在も。

「私、うつ病なんですよね。」

と、周りに公言することは、確かに、新型うつ病の症状のひとつです。

しかし、このことを利用し、病気を理由に嫌なことを避けようとする、『なんちゃってうつ病』の人が存在する可能性も、十分に考えられます。

  • 症状を自慢げに話す
  • なんちゃってうつ病を利用し、嫌なことから逃げようとする

あなたは、このようなことをしてしまってはいませんか?

自分はうつ病だと公言することで、嫌なことを避けようとする。

このような行動は、少し言葉が厳しいかもしれませんが、『甘え』の可能性があります。

このように、『新型うつ病』と『甘え』は、本当に区別が付きにくいものなんですね。

素人が、うつ病か甘えかを見分けることはかなり難しく、また、どちらかに断定することは、絶対にできません。

あなたの今の状態が、

  • うつ病なのか?
  • 甘えなのか?

を、確実に断定することは、精神科や心療内科など、心の病気を専門に扱う医師にしかできないことです。

「今の私の状態が、病気なのか甘えなのかをハッキリさせたい!」

という場合は、精神科・心療内科を訪ね、医師に正確な診断をしてもらう必要があります。

次の章では、精神科や心療内科といった、心を扱う病院に関するお話を、詳しくしていきますね。

精神科・心療内科は、受診したほうが良いですか?

もしあなたが、

  • 自分の状態が、うつ病なのか甘えなのかわからない
  • 今の状態がどちらなのか、ハッキリさせたい
  • 今の落ち込んだ心の状態を、なんとか改善したい

という場合、まずは、精神科や心療内科など、心の病気を専門に扱う病院を受診してみてくださいね。

仮にあなたが、自分の状態を、

「甘えかもしれない…」

と考えていても、心配する必要はありませんよ。

まずは一度、専門の病院を受診するのが、今の症状を改善する最適な方法です。

私も、自分のつらい症状が、うつ病か甘えかわからず、そのことで余計に苦しんでいた時がありました。

ある時、

「このまま放っておいても、何も解決しない。」

と思い立ち、思い切って、地元の心療内科を受診することにしました。

自分がうつ病であれば、何かしらの対策を教えてくれると思ったんですね。

また、甘えであれば、それはそれで納得し、受け入れる覚悟をしていました。

地元の心療内科をいくつか検索し、入りやすい雰囲気だと感じたところを受診しました。

初回の問診は長く、医師と30分ほど、現在の状態についてやり取りをしました。

その結果、軽度のうつ病と診断され、『サインバルタ』、『エビリファイ』という薬を処方してもらい、現在も服用を続けています。

薬も、副作用の弱いものを選んでいただき、現在では、薬を飲む以前より、かなり楽に生活を送ることができています。

以前の私のように、あなたが、

  • うつ病か甘えか悩んでいる
  • 今の状態を何とかして欲しい

という状態であれば、まずは最寄りの精神科・心療内科を受診してみてください。

診断結果がどのようなものであっても、

「医師に確実な診断をしてもらった。」

という安心感を得ることができます。

そして、病院を受診することで、今まであなたが散々悩んできた、うつ病か甘えかの問題は、ここで一気に解決してしまいますよ。

特に新入社員の頃は、周りに頼れる人もなかなか見つからず、一人で孤独を抱えてしまいがち。

そんな時は、確かな診断をしてくれる医師を頼り、あなたの心の悩みを、少しでも良い方向へ向かわせてみてくださいね。

新入社員であっても、休職・退職はするべきなのか?

「ようやく新入社員として就職できたのに、心がつらくて我慢できない…」

「このまま退職してしまったほうが良いんじゃないか…」

あなたは、『休職』、『退職』という言葉が、頭をよぎったことはありませんか?

仕事を始めてから心が辛くなった。

今のつらさは、全て仕事が原因だ。

だから、いっそ退職をしてしまおう。

これは、多くの新入社員が、一度は経験するであろう心の悩みです。

もちろん、私も、何度も休職・退職のことを考えていました。

私は、うつ病を抱えたまま、退職をしてしまいました。

その結果、今でも、

「退職をしなかったら、今頃どうなっていたのかなぁ。」

ということを、つい考えてしまいます。

心に余裕ができてきた今だからこそ、退職したことを、少し後悔している自分もいます。

ですから、今、休職や退職を考えているあなたに、これだけはお伝えしておきたいことがあります。

それは、自分の判断での休職・退職は、決して考えてはいけないし、実行してはいけない、ということ。

今のあなたの心の状態は、冷静に休職・退職を考えられる状態ではありません。

そのような心の状態で、休職や退職をしてしまったら、この先、必ず後悔する時がやって来ます。

もちろん、医師に休職・退職を勧められた場合は、この限りではありません。

しかし、自分の判断での休職・退職は、絶対にしないでください。

休職・退職をする前に、先ほどお話したように、まずは専門病院のお世話になってみてください。

もしくは、まずは自力で、今の心の状態に対する対策を行ってみてください。

新入社員は、GW(ゴールデンウィーク)で今までの緊張がゆるむこの時期に、『五月病』を発症しやすいとされています。

五月病は、うつ病と症状が似ており、うつ病発症のきっかけになることもあります。

ちなみに五月病は、病気ではなく、新入社員に起こりやすい、一時的な心の不調であるとされています。

まずはとにかく、あなたが後悔しない選択をすることが、何よりも大切です。

私は、退職をして、今でも後悔することがあります。

あなたには、一時の気の迷いで、このような一生ものの後悔をして欲しくありません。

自分の判断での休職・退職は、絶対にしないようにしてくださいね。

今の状態を、なんとか改善しようと努力していけば、いつか必ず、心がスッと楽になる日がやって来ますよ。

『新入社員のうつ病は甘えなのか?難しい心の問題を徹底解説』まとめ

6つのまとめ
  1. 新入社員における心の不調が、うつ病なのか甘えなのかを判断することは、非常に難しい。
  2. まずは、『うつ病』、『新型うつ病』それぞれの特徴を、今の自分の状態に当てはめてみる。
  3. 新型うつ病が甘えと勘違いされやすい2つのポイント:『うつであることを、周りの人に隠さず公言する』、『仕事など自分の嫌なことをする時には症状が現れ、自分の好きなことをしている時には症状が現れない』
  4. 新型うつ病を利用した、『なんちゃってうつ病』の人も、中にはいる。
  5. 今のあなたの心の状態が、うつ病なのか甘えなのかをはっきり診断して欲しい場合は、まず精神科・心療内科を受診する。
  6. 自分の判断での休職や退職は、絶対にしてはいけない。

新入社員における心の不調が、

  • うつ病なのか?
  • それとも甘えなのか?

という難しい問題について、私の経験や考察をもとに、徹底的に解説をしてきました。

また、

「今の状態をなんとかしたい!」

というあなたのために、今すべき対策などについても、詳細にお話をしてきました。

あなたの今の心の状態が、甘えなのか、それともれっきとした病気なのかが明らかになるだけでも、心がかなり楽になりますよ。

うつ病か甘えなのかが明らかになることで、今の心の不調に対する対策が立てられ、心の不調をより早く改善することもできるようになります。

そのために最も有効な方法は、精神科や心療内科を受診すること。

専門の医師であれば、今のあなたの状態を、客観的に、確実に診断してくれます。

病院で医師に責められたり、誹謗中傷を言われることは決してありませんから、どうか安心してください。

ぜひ、この記事をきっかけに、診断を恐れることなく、病院を受診する最初の一步を踏み出してみてくださいね。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA