梅雨に鼻水が出る4つの原因☝アレルギー性鼻炎の疑いあり…!?

記事内容
  • 梅雨に出る鼻水「4つの原因
  • 各アレルギー性鼻炎の「対策
記事を読むとどうなる?
  • 鼻水の原因(かもしれない)物質を見つけることができる
  • 鼻炎を予防でき、梅雨を快適に過ごせる
梅雨になると必ず出る、鼻水

この時期特有の「アレルギー性鼻炎」かもしれません…💦

4つの原因を知り、当てはまりそうな原因物質(アレルゲン)に対策しましょう!

梅雨に起きやすい「アレルギー性鼻炎」

梅雨の時期に限って、鼻炎になっちゃう💦

この原因は、

  1. 花粉症
  2. ほこりアレルギー
  3. ダニアレルギー
  4. カビアレルギー

この4つの原因が考えられます☝

春はとっくに過ぎたのに、花粉症…?

気になる4つの原因について、詳しくお話ししていきます💡

原因1.梅雨時期に飛ぶ「花粉」

花粉症というと、日本では「スギ花粉」が有名

2月から3月にかけて発症し、ひどくなるイメージがありますよね?

実は春だけでなく、梅雨の時期にも花粉症の原因となる花粉が飛んでいます…

梅雨の時期(6月)に飛ぶ花粉

この時期に飛ぶ花粉は、イネ科の植物

イネ科の花粉飛散は、5月~6月が最もピーク

スギ花粉が陰性でも、イネ科の花粉で陽性反応が出る人もいらっしゃいます

近くに田んぼがある人、要チェックです☝

原因2.冷房に溜まっている「ほこり」

最近、冷房デビューしませんでしたか?

  • エアコンを掃除せずに使い始めた
  • ほこりっぽい場所に行くと、鼻炎になる

上記に当てはまる人は、ほこりアレルギーを持っている可能性があります

ほこりアレルギーの場合、原因物質(アレルゲン)は明らかですね💡

  • エアコン掃除
  • こまめな掃除

をすることで、鼻炎を予防することができます!

私もほこりが苦手なので、この時期は完全防備+エアコン掃除が欠かせません…

原因3.梅雨に繁殖しやすい「ダニ」

高温多湿になる梅雨の時期は、ダニが増え始める時期でもあります

ダニは、

  • 室温:20~30℃
  • 湿度:60%以上

になると繁殖しやすいとされています

梅雨入りとピッタリ同時ですね…💦

原因と対策

  • ダニが出す酵素
  • ダニの死骸,フン(ハウスダスト)

これらが、ダニアレルギーの原因

こちらもほこりアレルギーと同様に、アレルゲンがハッキリしていますね💡

ダニアレルギーによる鼻炎を予防するには、やはりこまめな掃除が欠かせません!

ダニそのものを取り除いたり、

  • フケ
  • 垢(あか)
  • ご飯の食べカス

など、ダニが好むエサも一緒に掃除をすることで、ダニアレルギーを防ぐことができます☝

原因4.高温多湿で繁殖する「カビ」

高温多湿の梅雨以降は、カビの発生シーズンでもあります…

カビが振りまく胞子を吸い込むことで、アレルギー性鼻炎を起こすことがあります

対策

カビは、

  • 壁に密着した家具の裏側
  • エアコンのフィルター
  • 洗面所に置いたバスマット

などなど、湿気が多い場所を好みます

カビの発生と鼻炎を防ぐには、こちらもやはり発生しやすい場所を掃除すること

そして空気を換気し、湿気を溜めないこと!

家の中がジメジメしているように感じたら、

  • 掃除
  • 換気
  • 除湿機

などを活用して、カビの発生そのものを防ぎましょう!

「梅雨に鼻水が出る4つの原因」まとめ

4つの原因
  1. イネ科植物による花粉症
  2. エアコン内部のほこり
  3. 梅雨時期に繁殖しやすいダニ
  4. 高温多湿の場所に発生するカビ
もしアレルギー性鼻炎なら、原因物質(アレルゲン)に近づかなければ、絶対に鼻炎になりません👍

4つの原因から、当てはまりそうなものを対策しましょう!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA