梅雨のうつ病対策4つ☝わたしの実体験をもとに解説します

記事内容
  • 梅雨(6月)に意識したい「うつ病対策4つ
記事を読むとどうなる?
  • 落ち込みがちな梅雨に、少しでも活力を付けることができる
  • 普段以上に落ち込みすぎることなく、自分の気持ちをコントロールしやすくなる
太陽も出ず、ず~っと雨で、家の中でこもりっきりの梅雨

落ち込まないわけないですよね…

この時期にできる少しでも気分を和らげるうつ病対策を、わたしの実体験とともにお話しします💡

梅雨にできる「4つのうつ病対策」

わたしが考えるうつ病対策は、

  1. 薬だけに頼らない
  2. 治そうと無理しない
  3. 何もしなかった自分を責めない

こんなことを大切にしながら、うつ病を克服しました☝

外に出ろ

飯食え

ちゃんと寝ろ

って言われても、気分じゃないときは無理ですね

そんな状態でも実践できる、

  • 自分から行動しなくていい
  • 自然とうつ病対策につながる

無理のないうつ病対策を、ここでお伝えしていきます💡

うつ病対策1.日光を浴びる(セロトニンを増やす)

セロトニンとは?

別名「幸せホルモン」と呼ばれる、安心感を感じさせてくれる物質

  • うつ病の原因は、セロトニン不足
  • セロトニン分泌が増えると、うつ病が改善する

と言われる

うつ病対策として、

太陽の光を浴びなさい

と言われませんか?

これは、人間の体の仕組みとして理にかなった対策💡

しかも、太陽光を浴びていさえすれば、本人は何もしなくていいズボラ対策💡

どの時間でもいいので、外に出て、太陽光を5分間浴びましょう☝

朝浴びるのがいいと言われますが、わたしはできなかったときに自分を責めるタイプだったので、そういう制限はやめました😇

雨でも太陽光は浴びられる

梅雨は、曇りや雨の日が多く、太陽光が差しにくい時期

これが原因で、梅雨はうつを感じやすいと言われています

差しにくいというだけで、100%差していないわけではありません

雨の日でも、体は僅かな光を感じることができます

体全体で浴びなくても、手の甲に5分だけでもOKです👍

太陽光(セロトニン)とうつ病の関係

  1. 太陽光を浴びる
  2. 交感神経が刺激される
  3. セロトニンを分泌する神経が活発化する
  4. セロトニンが分泌される
交感神経とは?

人が活動するときに働く神経

リラックスしているときは、副交感神経が働く

太陽光は、セロトニンの材料とも言われています

毎日5分だけ、太陽光を浴びてみましょう☝

うつ病対策2.温度・湿度環境を整える

梅雨は、夏の始まりが重なり、高温多湿になる時期

  • ジメジメ感に、イライラ
  • 室内でも汗をかき、イライラ
  • イライラする自分に、イライラ

梅雨時期のストレス要因の多さも、うつ病に悪影響です…💦

そこで知ってほしいことは、

  1. 快適な室内温度
  2. 快適な室内湿度

この2つ💡

快適な温度・湿度

人が快適に感じる室内温度・湿度は、

  • 温度:25℃~28℃
  • 湿度:55%~65%

とされています

家に温度計・湿度計がある場合は、まずこの数値を目標に☝

無い場合でも、

  • 扇風機,換気扇を回し、空気を循環させる
  • 冷房を除湿モードにする
  • 除湿機をかける

上記対策も有効です💡

うつ病対策3.軽く運動する

雨が続き、なかなか外出できない梅雨は、運動不足になりがち

このことも、うつ病を助長する原因となります☝

運動とうつ病の関係

  1. 運動することで、交感神経が刺激される
  2. 交感神経の刺激で、セロトニンが分泌される
  3. セロトニンにより、うつがちょっと和らぐ

運動前はめちゃくちゃ億劫でも、運動後は、

やっぱりやってよかった!気持ちいい✨✨

と思うこと、ありませんか?

運動は、心身両方に良い効果があると証明されています👍

梅雨でもできる運動

  • 軽く汗ばむ程度
  • 脈が早くなる(100回/分)

このような有酸素運動が(ホントは)理想とされています

ただ、雨の日にジョギングをするのは、かなり大変…💦

わたしが当時やっていた「運動(と呼べるもの)」は、

  • 雨が降っていない日に、外を散歩する
  • 毎日、家で10分間ストレッチを行う

こんな、効果があるのか分からないことばかりでした

運動の効果が出たというより、毎日継続した自分に自信が持てたことが、うつを和らげてくれていた気がします💡

うつ病対策4.「寝たまんまヨガ」をやってみる

iPhoneのヘルスケアアプリに「マインドフルネス」が標準搭載されているくらい、

  • 精神的な健康
  • 心をリラックスさせる時間

は、近年重要視されてきています☝

マインドフルネスとは?

今、この瞬間の出来事に意識を向け、何もせず客観視(達観)すること

試してほしい「マインドフルネスアプリ」

瞑想とかヨガって、(技術的にも金銭的にも)ハードル高そう…

と思っていたときに見つけたアプリが、寝たまんまヨガ

文字通り、寝たまんまヨガを実践できる超ズボラアプリ💡

ヨガのことを一切知らなくても、ベッドに寝て、音声の言いなりになりさえすれば、心を簡単に落ち着かせることができます

これを使って寝た翌朝、体に力が入らないくらいのリラックスを実感した、ある意味危険(?)な良アプリ…💡

「梅雨時期のうつ病対策」まとめ

4つのうつ病対策
  1. 太陽光を浴び、セロトニンを増やす
  2. 温度,湿度を整え、快適な夏を過ごす
  3. 軽く運動して、自分に少しずつ自信をつける
  4. マインドフルネス(寝たまんまヨガ)を実践し、心を落ち着ける
個人的には、

  1. マインドフルネス(何もしなくていいから)
  2. 日光浴(同じく何もしなくていいから)
  3. 運動(面倒でも、思い返すとやっぱり効果あった)
  4. 温度,湿度調節(ちょい面倒だった)

上から順に勧めたい対策!

まずは、この中から1つでも実践してみてくださいね💡

次に読みたい記事

梅雨時期の「室内湿度」調査



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA